[観戦雑記]第99回天皇杯2回戦 横浜F・マリノスVS立命館大学 ~初戦の魅力~

完全なトーナメント方式である天皇杯。次へすすむのが目的だから、どんなカタチでも勝てばいい。というのが真理かもしれないが、なんとも薄氷の勝利だった。


チームが想定していたより相手の強度があったのか。それとも日程面から準備不足があったのか。「負けるはずはない」と思いながらも、相手チームの小気味よい攻めに何度も肝を冷やした。落ち着いたプロらしいプレーも、見方を変えれば「淡々としている」となる。


もっとシュートを撃って欲しいとか、ここでマルコスやエジガルを投入して欲しいとか。サポーターの欲張りなのかな。試合展開、相手との関係性、リーグ戦との兼ね合い。それらを勘案して、首脳陣は「勝つ」ためのプロセスを踏んだのだろう。

CFB7099E-2E58-42D2-B26E-B636121DD214.jpeg

とにかく「勝った」「次へ進んだ」のは横浜であり、私たちの近い未来には、天皇杯を戴冠する可能性が残った。


とにかく、天皇杯の初戦は、いつも魅力的で刺激に満ちている。普段は対戦が実現しないチームとの試合。しかも、マリノスは、いい感じに刺激を与えてくれる。毎年、天皇杯初戦の観戦が外せない理由はコレである。2大会連続で初戦は1点差の勝ち上がりである。


もう1つ。勝手な思いかもしれないが、天皇杯の初戦で当たったチームには親近感みたいなのが生まれる。立命館大学は、いいチームだったな。また対戦する機会があるかしら。


とにかく、、、勝ったわ。




0

この記事へのコメント