[雑感]ドアが開く時、、、

ついに予想通りチームの活動が停止された。私たちがスタジアムへ行ける時は遠のいたという思いと、プレイヤーの安全が(ある程度)守られるという安堵の思いでホッとしたりもする。まぁ、私たちが望む状況(スタジアムに足を運べる)は遠のいていくばかりだけど、今はガマンの時。いつの日か再開されるであろう「その時」に思いを爆発させるしかない。とはいえ、辛…
コメント:0

続きを読むread more

マリノスの試合予定を確認してビビるなど、、、

望まない事態が発生し、私たちの活動に制限がかかると、それを打破したい気持ちが強くなると同時に、元に戻った際にやりたいことやなりたい状況を夢想しまくるものである。飲みに行きたい、仲間やお知り合いと話をしたい、スタジアムに行きたい、愛するチームに会いたい、サッカーで喜怒哀楽を発露したい。欲が増すばかりの日々、、、マリノスのホームページを確認…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]Jリーグ最初の試合を視聴して、いろいろ振り返ってみた

昨夜、Jリーグ始まって最初の試合(ヴェルディ川崎VS横浜マリノス)が放送された。27年前、私はまったくサッカーに興味はなく、いま、この状況(年間に30-40試合を観戦)になっていることを夢想すらできていなかった。あらためて見てみると、あの頃のプレイヤー達の熱量を感じるし、ここから盛り上げていこうという意志の強さみたなものが溢れている。エ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年シーズンの負け試合を整理する

2019年のリーグ戦。リーグチャンピオンにはなったが、印象では負け試合が多かったような。リーグ戦を通しての成績が22勝4分8敗だから、勝率64.7%、負率23.5%となる。(負けた試合)第4節 0-2 大分トリニータ(A)第8節 0-3 北海道コンサドーレ札幌(A)第11節 0-3 セレッソ大阪(A)第15節 2-3 清水エスパルス(A…
コメント:0

続きを読むread more

今さら2019年の第33節を振り返るなど

話を2019年11月30日の第33節に戻そう。場所は等々力陸上競技場、相手は川崎フロンターレ。2013年のあの試合を思い出すがごとくのチケット争奪戦を経て、私は等々力に居た。壮絶な気合いとともに乗り込んだ「あの時」は異なり、いつものようにスタジアムに向かったはず。たぶんだが、チームへの信頼度、チームが醸す空気感は、「あの時」を遥かに上回…
コメント:0

続きを読むread more

使われないネンチケ、手元から消えたAwayチケット

何か明るい話題はないかしら。刻々と悪化してるように感じる情勢、待ち望むリーグ戦の再開は遠いように感じ始めた。無観客という手段もあるのかもしれないが、、、移動が必要なのだから、愛するチームとプレイヤーをリスクに晒すことは避けられない。こう考えると、観客が居るか否かはリスク回避の手段として良策ではないわね。それなりの争奪戦があった平塚と日立…
コメント:0

続きを読むread more

「春が遠い」いや「春はない」のかな

今日から4月。例年なら着慣れないスーツに身をつつんだ新社会人の方々が目につくが、その姿すら見かけない。世界は、日本は、私たちは、どこへどう向かうとしてるのかしら。不安が蓄積される状況は、もちろん望むべきものではない。サッカーのファン、サポーターにとって、今年の春はやってくるのだろうか。愛するチームは、2月に4試合(ゼロックスカップ、AC…
コメント:0

続きを読むread more

泣くならスタジアムで

事態は終息に向かう気配はなく、悪化をたどるばかり。この状況に追い討ちをかけるかのように、Jリーガーからの罹患者。なんとか希望を見出そうとしていた5月10日のHomeゲームの開催も厳しくなったのが、現実的なところだろうか。試合に行きたい、仲間やお知り合いに会いたい、スタジアムで喜怒哀楽を発露したい、階段に座ってビールを飲みたい。いま考える…
コメント:0

続きを読むread more

2019年リーグ戦の勝利と得点を振り返ってみた

どうも気持ちが盛り上がらないし、週末に時間を持て余す感じは本来ではない。仲間と飲みに行ってサッカーのことを語りたいが、それも憚られる空気が流れている。この先どうなるのかと漫然とした不安も感じる。萎んでいく空気を感じつつも、生活がある。なんとも言えない気持ちになりそうだ。なんとか前向きな姿勢を保ちつつといったところだろうか。私たちにはサッ…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]2019年の今ごろ、、、

この状況でなければ、すでに第6節までを消化していたはず。今、どんな気持ちで日々を過ごしていたのだろうと、昨夜、寝床に入ってから考えていた。それと同時に、栄光の2019年シーズンの今ごろは、なにを感じていたのかしらと、、、この時期、第5節まで消化していた。3-2 ガンバ大阪(A)2-1  ベガルタ仙台(H)2-2 川崎…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]いつ会えるのかしら

最近、2011年のことを思い出す。試合がなくて観戦欲が高まっているのは同じかもしれないが、その高まり方には大きな違いがあるように思う。あれだけの事態があり、サッカーどころじゃなかった。しかし、時間が経過してくると、徐々に欲が出てきて、再開は立ち直り(復興)における1つのシンボルにもなったよね。2011年4月23日、旧・国立競技場に向かう…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]晴れ晴れした空は遠い ~どうなる2020年シーズン~

現時点で第2節から第12節の延期が決まった。マリノスの再開試合は5/10の第13節(日産スタジアム)となるが、この先の情勢いかんでは、、、と震える思いもする。再開となったとしても、Awayサポーターへの観戦自粛という話もあり、私たちのココロが晴れる日は遠そうな気がしたりもする。空気とか雰囲気というのは、人の気持ちに大きな影響を与えるもの…
コメント:0

続きを読むread more

第100回天皇杯は4回戦から

ひっそりと前触れなく(?)天皇杯の組み合わせが発表された。近年のレギュレーションでいえば、J1勢は3回戦からとなるが、第100回大会は4回戦から。年間の予定試合が、すでに1つ減ってしまった。ACL、リーグ戦、ルヴァンカップも予断を許さない展開だけに、この1年がどう進行していくか、少し不安があったりする。ただ、である。トーナメント表の左も…
コメント:0

続きを読むread more

我慢は続くのかしら

リーグ開幕戦から1ヶ月が経過した。引き続き先が見えない状況は、私たちの行く先にモヤがかかっているかのごとく。苦しみは徐々に去るように思えたが、さらに悪化しつつあるのかしら。そんな状況で、実績じゅうぶんな實藤友紀さんの完全移籍が発表された。私たちの愛するチームは、どんな状況にあっても、これから先を見据え、必要な手をうってくる。なんとも頼も…
コメント:0

続きを読むread more

手元のチケットが減るなど

サクラが咲き始めた。気温も上がり、サッカー観戦が気持ちいい季節となっている。暖かい晴天の下、スタジアムの周りでビールを飲みながら、試合を待つ。リーグ戦が行われていれば、1年でも最もサッカー観戦に適し、私たちのココロも盛り上がっているに違いない。あれもダメ、これもダメという状況は、私たちの気持ちを蝕んでいるという思いと、再開時のテンション…
コメント:0

続きを読むread more

サッカー時間は止まったまま

何もなければ今日が第6節。リーグ開幕戦には負けたが、そろそろエンジンがかかり首位あたりに居たかな、と夢想する。私たちの生活のリズムでもある愛するチームの試合から離れて1ヶ月になる。私たちにとって、スタジアムは不要不急の場でないし、リスクが高い場所ではないと思うが、いま迎えている状況はソレを許さない。なんだか悔しさと寂しさを感じるわね。サ…
コメント:0

続きを読むread more

いつ再開されるのかな

リーグ開幕戦から1ヶ月が過ぎようとしている。中断がなければ、すでに第5節までを消化していて、今ごろは2019年シーズンのように期待と希望を胸に抱いていたのかなぁとも考えたりする。2013年や2019年は、私がマリノスサポーターとなってから最も印象的なシーズンであったのは確か。しかし、いま振り返ると2011年も違う意味で印象的な1年だった…
コメント:2

続きを読むread more

[雑記]精神力と自己管理能力

日本では鎮静方向に行き始めた気はするが、世界を見渡せば、事態は拡大方向にあるのかしら。予期せぬ出来事だったからこそ、この先が読めない。不安を感じつつ、どう希望を見出していくか。経済活動の不活性は、個人事業主や会社の業績に悪影響を与えるに違いないし、その結果として、私のようなサラリーマンにも、この先でインパクトがあるに違いない。ココロの部…
コメント:0

続きを読むread more

[雑記]試合が遠い

サポーターの本質は、もちろん試合そのものにある。目の前で展開される好きなチームのサッカーを見つめ、局面に一喜一憂する。得点に震え、勝利に歓喜する。それを超える楽しみはあろうか。そういう意味では、愛するチームがあり、その試合を観戦できる環境にあれば、他はいらないとなる。私も「そう」であった。以前はね。このブログで何度も書いているが、中年に…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]お花見物語 ~3年前を振り返る~

桜の開花もちらほらと聞こえ始めた。例年であれば、絶好の行楽シーズンであり、ピンクの花の下でお酒でも飲みながら、三ツ沢での試合を待つ光景が脳裏に浮かぶ。今シーズン、ルヴァンカップの予選には参加しないので元から期待はできなかったが、今、そもそも試合すら開催されない状況である。4/4(日)に再開されれば、日産スタジアムに向かう道すがらにキレイ…
コメント:2

続きを読むread more