[TV観戦記]ルヴァンC GS 第6節 V・ファーレン長崎VS横浜F・マリノス 20190522

2019年ルヴァンカップ グループ・ステージ第6節 V・ファーレン長崎VS横浜F・マリノス
トランスコスモススタジアム長崎 19:03キックオフ
天気:晴れ
観客:4,014人
主審:家本政明
結果:横浜F・マリノス1-3V・ファーレン長崎
マリノス得点者:天野純(今大会1点め)
シュート数:横浜F・マリノス(20)、V・ファーレン長崎(11)


幾度も訪れた試合の流れを我が手にするチャンスを逃し続けた。それを、ようやく手繰り寄せたのが、天野純の技術と気持ちがこもったFKだっただろう。あの1撃で(ようやく)「いける」と感じたサポーターは多かったはず。

その流れのまま獲得したPK。グループ・ステージ突破を確信した。蹴った瞬間までね。

グループ・ステージ全体を通して、あと1歩が足りなかった。サッカーは1プレイ1プレイの積み重ねが、最終的な成果に結びつくことを再確認した。グループ・ステージのどこかの1プレイが的確であれば、チームも私たちも次のステージに向かっていたのかもしれない。
画像

今シーズンのルヴァンカップ。去年、悔しく思った準優勝。その「準」を捨てにいく大会だと思っていた。チーム力を上げつつ、夏を闘い、秋本番の埼玉スタジアムで.......イメージはあったけど、そうは簡単ではないか。

出た結果は覆らない。そんなの当たり前に理解している。けど、がっつり落ち込むかな。次のリーグ戦までね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック