[観戦雑記]J1第12節 横浜F・マリノスVSベガルタ仙台 ~まだまだ強くなると確信したシーン~

観戦記にも書いたが、ベガルタ仙台というチームは、真面目に走るし、サッカーをよく知っている。さすがに昨シーズン2位だったチームである。悔しいが、ある意味、引き分けは妥当だったのかもしれない。

けどね。愛する横浜F・マリノスというチームは、それを上回る素晴らしいチームだと確信できた。終盤の怒涛の攻めに、チームとしての気持ち・執念を感じたのは、もちろんだが、、、

哲也が痛んだシーン。ベガルタの選手達は各々が給水したり、ぼっ~と身体の回復したり、サポーターのブーイングを止めたりしてた。

マリノスの選手は何をしてただろう。もちろん哲也に駆け寄っていたが、チームスタッフが到着してからは、いくつかの輪になって、(おそらくだが)この先の試合の進め方、いかに得点して、いかに勝利を挙げるかを身振り手振りで議論してた。
画像

このチームは、まだまだ強くなると確信したシーンであった。そして試合終了直後も話し合う選手たちの姿。

ホントに良いチームになってきた!このチームとタイトルを獲りたい!獲らせたい!チーム・サポーターと戴冠の瞬間の感涙に崩れたい!



[追記]
大丈夫!マリノスはまだまだ強くなる!!と思われる方、このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック