サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜、大阪、そして横浜F・マリノス

<<   作成日時 : 2016/11/01 07:38   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

関西には、こんな言葉がある。「京都で学び、大阪で働き、神戸に住む」これができれば幸せという黄金の方程式とでも言うのだろうか。約20年前、異動で家を探す際に、最初にアタマに浮かんだのは、同じ香りがする横浜≠ナあった。

その頃はサッカーに興味すらなかったから、当然、マリノスなんて片隅にもなかった。1歳だったお姉ちゃんが大学生になり、横浜で産まれたボクちゃんも高校生になった。私もコチラで会社が変わったりね。

行く先は大阪に戻りたいが、こども達はコッチで育ったしという悩みもある。もうひとつ、毎週のようにマリノスの試合に行く。遠征だって関東圏に居るのが便利。マリノスへの気持ちが冷めるであろうか。

ウチのボクちゃんが小学1年生の時であったはず。カミさんに「ぷらぷらしてるならサッカーでも行けば?」と。この一言が、まさに人生を変えた。

2007年の春。横浜F・マリノスVS大分トリニータ、5-0だった。「うん?サッカーって楽しい。横浜にはマリノスというチームがあるんだ」まさに、そんなレベルから始まった。

ちょこちょこ行くようになった。2008年からネンチケ持ちに、それ以降は、このブログに記録が残っている。私にマリノスへのきっかけを与えてくれたボクちゃんも(回数は少なくなったが)今でも一緒にスタジアムに来てくれる。

たまたま¥Zんだ横浜で、たまたま¥o会ったマリノスという存在。

幸せといえば幸せかもしれない。サッカーに、いや、マリノスに出会ってなければ、無趣味の酒飲みオッサンで人生が終わってたかもしれん。

マリノスを好きになったから、日々の張りができた。仕事だって(なぜか)上手く回るようになってきた。そして、縁もゆかりもない横浜で、多くの仲間や知り合い、そして、かけがえのない友人も得た。

普通のサラリーマンで、普通に中間管理職。それでも得る幸せはあると。

あとはタイトルが欲しいな。私がマリノスにハマってから得たタイトルは、天皇杯1つだけ。リーグチャンピオンを経験したいし、3冠すべてを獲ってみたい。

それからだな。大阪に戻ることを考えるのは、、、

やっぱり、横浜が好きだわ。


[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

横浜、大阪、そして横浜F・マリノス サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる