[観戦記]J1第16節 横浜F・マリノスVS松本山雅FC 20190622

2019年J1第16節 横浜F・マリノスVS松本山雅FC
日産スタジアム 18:03キックオフ
観客:27,364人
主審:木村博之
天候:曇り
結果:横浜F・マリノス1-0松本山雅FC
マリノス得点者:エジガル・ジュニオ(今シーズン8点め)
シュート数:横浜F・マリノス(11)、松本山雅FC(7)

厳しくてリスクを感じる試合だったわ。セットプレーやワンパンチのシュートで、やられそうな予感もしてた。ボールを保持しまくりながらも、低重心で真ん中を固められる。打開できそうでできず時間ばかりが経過する。

「たられば」だけど、ゴールポストがあんなに活躍しなければ、もっと爽快で楽しい試合になったかもしれないね。

だからこそ、エジガルのゴールに震えるような興奮を覚えた。ボールがゆっくりとゴールネットに吸い込まれたように見えた。刹那、一瞬の静寂があったように感じた。スタンドの歓喜が爆発し、気づいたら周りの方々と抱き合っていた。

この試合の重さを、チームも私たちも十分に理解していたかのごとくの歓喜だったわね。
画像

「Homeで圧倒的な成績をあげる」 「連敗はしない」これが目指すべきものへのプロセスであることを、チームは分かっている。プレイヤーが発する言葉にも、それを意識するコメントが出始めた。

そして、毎度のごとく「いま最も大事なのは次の試合」である。そういう気持ちをキープさせてくれて、さらに先が楽しみにさせてくれる。横浜はもっと強くなると確信した試合だったわね。

もっとやろう。


〈今シーズン観戦成績〉
【J1】
Home 8戦5勝3分
Away 5戦3勝2敗
【ルヴァン】
Home 3戦1勝2分
Away 1戦1敗

今シーズン通算:17戦9勝5分3敗



"[観戦記]J1第16節 横浜F・マリノスVS松本山雅FC 20190622" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント