「ちゃぶれ!」と「なに必死こいてるの?」

今週号のサッカーマガジンは「新F・マリノス この強さは本物か?」という特集が組まれており、和司監督のインタビューはじめ、充実の内容であった。

まだ3節を消化しただけで、最終的な結果がどうなるかは分からないが、シーズンを通して、F・マリノスのサッカーを楽しむことができそうな気がしてきた。
画像

和司監督のいう「楽しいサッカー」を象徴する言葉となりつつある「ちゃぶる」。これについて、解説が加えられていた。

ちゃぶる 「遊ぶ」「はぐらかす」「ほんろうする」などの意味、木村和司監督が好んで使う言葉

この言葉を聞いて、なんか思いだした。浩吉監督がいっていた言葉と同じだと。。。「サッカーは遊びだ。なに必死こいているの?」うぅ~ん、言葉の意味は同じじゃないか!

選手の活き活き具合が、去年とはまるで違うような気がする。練習内容もまるで違うし。。。

もともと弁舌豊かな浩吉監督、もともと弁舌豊かでない和司監督、同じような言葉を使ってもチームやサポータの心に響くのは、和司監督か??

モチベータとして、監督の言葉は大事だが、言葉だけなく、監督にも総合力が必要なんだろうなぁ。。。




   次節の対戦相手!! ヴィッセル情報はヴィッセルサポータのBlogから、、、 
   → にほんブログ村 ヴィッセル神戸

   3連勝を期待するマリノスサポータのBlogは、、、 
  → にほんブログ村 横浜F・マリノス





↓マリノス関係のブログ・ポータルにリンクしています(携帯不可)
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
↑クリックいただくとブログを書くモチベーションになります(携帯不可)

"「ちゃぶれ!」と「なに必死こいてるの?」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント