[雑感]オウンゴール

横浜F・マリノスが奪うゴールには様々なカタチがある。アタッキング・フットボールに舵を切ってから、その魅力は増しているし、私たちが得点に歓喜する機会も激増した。

思い返せば、2018年の変化についていけない自分がいた。能動的にボールと人が動きゴールを目指すのはいいが、安い失点を繰り返しストレスが溜まる試合が多かった。あの1年はめちゃ辛かったわ。

それから月日を重ねチームは進化した。そして最多得点・最小失点でリーグチャンピオンを手に入れた。こんな素晴らしいことはないわね。2022年シーズンの価値は大きい。

けどね、ここ数日なにかが足りなかった、とココロがウズウズしていた。昨日の夜、気づいた。オウンゴールでの得点が少なかったと。

たいていの場合、チームとして崩しきった先にオウンゴールがある。(わたし調べ)

63001FD5-3DDC-4455-8A28-B7C9A6AFFF6C.jpeg

2022年のオウンゴールは、鹿島アントラーズ戦(A)の3点目の1つだけかな。鮮明に覚えている素晴らしいゴールだった。

私のブログを確認すると、2021年は4つのオウンゴールを奪っている。数字でみれば、かなり減ったと。
※戦術に詳しい方、要因があれば教えてほしい

2023年シーズンは、もっと多くの素晴らしいオウンゴールがみたいわ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント