2020年シーズンの記憶が、、、

私たちの日常から試合が消えてから、早くも4ヶ月が経った。ようやく今週末にリーグ戦が戻ってくる。観戦に行けるまで暫く時間が必要だし、もとの(望むべき?)環境が取り戻せるのは「いつ」のことか分からない。ここまで3試合をスタジアムで観戦した。ゼロックスカップ 3-3(PK:2-3)ヴィッセル神戸ACL Group Stage第2節 4-0 シ…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]お花見物語 ~「密」を避ける~

リーグ戦が再開されるまで5日、スタジアムに行けるかもしれない時まで13日。いよいよという思いと、様々な制約のなかでいかに楽しみを見出していけるかという思いが交錯する。待ち望んでいた「その時」が、100%の「それ」でないのは、状況を考えると仕方ないこと。少しずつ取り戻しつつのガマンの2020年シーズンとなるのだろう。それなりに長くスタジア…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]再開に向けて

試合がある週末まで1週間、観戦できるかもしれない週末まで2週間。いよいよ再開されるというポジティブな気持ちと、観戦に行けたとしてどう振る舞えるのかという「やや」ネガティブな気持ちが交錯する日々を過ごしている。間違いないのは、どういう状況にあっても、チームとプレイヤーは全力を尽くしつつ結果と内容を追い求めてくれるはず。横浜F・マリノスは、…
コメント:0

続きを読むread more

Awayも新しい観戦様式

Homeゲームの観戦様式が気になる今日この頃。どんな雰囲気というか景色というか音世界というか。想像すればするほど、制約の多さに気持ちが下に向きつつ、、、待ちに待った再開が、イコールで私たちが思い描くものではない、と分かっている。諸手を挙げて歓迎するとの感覚になれないのは、新しい観戦様式の経験がないからだろうか。そしてAwayゲーム、、、…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]あと10日 ~スッキリしない~

リーグ戦の再開まで10日。いよいよカウントダウンである。「待ちに待った」のは確かだが、モヤモヤする気持ちも半分くらいある感じかしら。「試合に向けて気持ちを高めていく」というのが、私たちの「日常」であるのだが、まずは2試合がスタジアムへ行けない。その後も、「日常」の観戦環境を望むべくもない。ゴール裏で仲間たちと一緒に観戦し、気持ちを表す。…
コメント:0

続きを読むread more

2019年シーズンの折り返しを振り返ってしまった

ことが起こらなければ、いま頃は第17節を消化し終わっていて、シーズンも後半戦に突入していた。そろそろオリンピックによる中断期間がウザいわね、とか言っていたんだろう。通常に進行していたら、どんなシーズンになっていたのかしら。期待と希望は感じているだろうか。ACLもGroup Stageを突破していたに違いない。想像はしても、それが現実にな…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]ことが起こらなければ折り返しを過ぎていた

リーグ戦の再開まで約2週間、私たちがスタジアムへ行ける可能性が生まれるまで1ヶ月弱、Awayまで遠征に行けるかもという日まで1ヶ月半ほど。何も起こらない展開であれば、すでに折り返しを過ぎ、第18節あたりを闘っていて、なんとなくシーズンの趨勢が見え始める頃であったに違いない。開幕戦に負けたまま、リーグ戦が停止しているのは、モヤモヤを感じる…
コメント:0

続きを読むread more

あれから間もなく200日

試合から離れて約4ヶ月が経過する。やっとのことで、リーグ戦の再開まで約2週間、観戦ができる可能性が生じるまで約3週間。しかしながら、ここまでの我慢と努力が報われ、元の環境に戻るまでの時間は未定。実際に再開されてから、チームや私たちがどのような心境でシーズンが進捗するか分からない。誰もが、この状況を経験したことがないのだから、始まって見な…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]喜びと厳しさ

再開日程が決まり、本来ならめっちゃワクワクしてるはずなんだけど、いつものシーズンのごとくの高揚感は見つけられない。行きたくても行けない試合、観客数の制限、(マリノスから発表はないが)ゴール裏も指定席化、、、など。現時点では、Homeゲーム、Awayゲームとも、どこまで観戦に行くことができ、どのような観戦環境が与えられ、いつ元の観戦様式に…
コメント:0

続きを読むread more

再開日程の発表は盛り上がりに欠けた(わたし調べ)

「日程発表」となれば、私たちファン・サポーターにとっては期待と希望に胸踊るイベントであるが、今回の(再開)日程の発表はココロが淀むところがあったりなかったり。毎度のことなら、日程が発表される夜には「日程検討会」という名目の飲み会があるのだが、それを開こうという空気もなかった。お仲間の気持ちもいつもとは違うんだなと。「試合に行きたい」 「…
コメント:0

続きを読むread more

再開日程の発表に思う ~2011年を振り返りつつ~

2011年3月13日の日曜日。この日はJ1第2節、川崎フロンターレ戦が日産スタジアムで行なわれるはずだった。思い起こせば、あの時も開幕戦が開催されたのみで、私たちの時間は止まった。あれだけの災害に遭ってしまったが、私たちは、サッカーのある日常を取り戻すことに向け、すぐに走り始めたのを思い出す。再開後の初戦が、2011年4月23日の第7節…
コメント:0

続きを読むread more

大好き日産スタジアム ~新しい観戦様式~

昨日、ようやく再開後の観戦様式らしきものが発表された。私たちがスタジアムに行ける日が近づいてきたことを実感するとともに、本来、望むべき「いつものスタジアム」を取り戻すのは容易でない事実も叩きつけられた思いもする。これ以上の状況の悪化がなければ、8/1からは、収容可能人員の50%以下のファン・サポーターがスタジアムに入れることになる。応援…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]観戦環境を取り戻す

ここまでの今シーズンを振り返ってみると、私がスタジアムに行けたのは3試合(ゼロックスカップ、ACL、リーグ開幕戦)のみ。2月だから冬の時期、ACLは冬のナイトゲームだった。やる側、みる側ともに、サッカーに最も適しているのは春と秋かしら(わたし調べ)大好きな春の試合は行われることなく、夏を迎えてしまったわ。絶好の天気と気持ちよい空気のなか…
コメント:0

続きを読むread more

リーグ戦は34試合が開催される

6/15(月)ようやくJリーグから再開日程が発表される。昨日の公式リリースによると、リーグ戦は予定通り34試合が開催となっている。おそらく中断期間はなく、週に2試合を織り交ぜ、厳しめの日程になるのは間違いない。34試合が開催されるということは、リーグ戦の公正さと透明性が担保される。エクスキューズはあろうが、リーグチャンピオンと順位の価値…
コメント:0

続きを読むread more

朝ラーメンを食らう

試合がない。飲みに行くのも「ちょっと」という空気が流れる。となれば、当然のごとく土日はヒマを持て余す。出掛けるのは散歩を兼ねたお買い物くらいしかない。本来、出不精である私にとっては望むことかもしれないが、サッカー、いや、マリノスに出会ってからは、何もない週末は、チャーシューの入ってないラーメンのごとくである。この自粛期間に、ちょいちょい…
コメント:0

続きを読むread more

テレビ神奈川の番組と連動して第1節から振り返ってみた

昨夜はテレビ神奈川で2019年の最終節が放映された。単に試合を流すだけでなく、波戸くん、勇蔵くん、愛理ちゃんが出演し、ロングハイライトのような構成で、なかなか見応えがあった。2時間があっという間だったわね。さて、わたし。この番組に合わせるかのように、土曜日から2日かけ、DAZNハイライトを第1節から振り返りつつ、最後は、この番組で「リー…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]横浜人になりたい ~次のステップへ~

私にとって初めてのリーグチャンピオンから半年が経過しようとしている。あの雰囲気、確実にリーグチャンピオンへ近づくかの得点の積み上がり。試合中に何度も泣いた、3点目が決まってから、その涙は止まらなくなった。いま考えれば恥ずかしさがあるが、その時は無意識に近かったからね。こんな貴重な歓喜ができるのは稀有である。もう一度と思っても同じシチュエ…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]淡々と流れる

ここ5-6年くらいだろうか。私のマリノス生活はとても幸せである。知り合いが知り合いを呼び、仲間が仲間を呼ぶ。スタジアムだけでなく、試合前から集まり盛り上がる、試合以外でも飲みに行くことも多い。サポーター仲間って素晴らしい。男も女も、歳の上下も、もちろんどんな職業とかも関係ない。オッサンになって、こんなにも様々な方とお友達になれるのも、サ…
コメント:0

続きを読むread more

トレーニング見学に行きたい

いよいよ、ようやく目にみえる感じでリスタートが切られたのかな。昨日より、チームとして約2ヶ月ぶりのトレーニングが再開された。この状況が起こって以来、感動の沸点は低くなっただろうか。トレーニングの再開が、この先を見通す大きなイベントのように感じる。不安はあるが、ブロのスタッフがプランニングするメニューを、プロの首脳陣とプロのプレイヤーが積…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]遠征物語 ~あと少し待つか~

事が起こらなければ、今ごろは、ほぼ日帰りクルマ遠征の仙台から帰宅し、眠い目をこすりながら会社に向かっていたに違いない。時間とカネを掛け、面倒くさい行程を費やし、遠征に行く。もちろんメイン行事は試合なんだけど、ご当地の名物を食ったり、時間が許せば短い時間の観光を楽しむ。行き帰りのクルマで、試合への期待、試合後の感想を同行者と話す。もちろん…
コメント:0

続きを読むread more