[雑感]淡々と流れる

ここ5-6年くらいだろうか。私のマリノス生活はとても幸せである。知り合いが知り合いを呼び、仲間が仲間を呼ぶ。スタジアムだけでなく、試合前から集まり盛り上がる、試合以外でも飲みに行くことも多い。


サポーター仲間って素晴らしい。男も女も、歳の上下も、もちろんどんな職業とかも関係ない。オッサンになって、こんなにも様々な方とお友達になれるのも、サッカーいやマリノスに出会ったからに違いない。


ふと思う。ホントの幸せはドコにあるんだろうか。


勝つことのみが幸せというのが「否」であるのは確か。プロセスだって大事。たまには感動的な試合で泣いてみたい。タイトルが欲しい、欲しいけどブッチギリでなくギリギリの闘いを制してタイトルを獲得したい。


まぁ贅沢だな。本質的には(2019年の夏以降のように)この試合に勝って、次の試合に行きたい!早く試合が来て欲しい!こう思えるのが、ホントの幸せかもしれない。


62A972CA-FDD2-4114-8C24-A4F33869AA7A.jpeg


そして迎えたディフェンディング・チャンピオンのシーズン。始まりはしたけど長く止まったまま。あと1ヶ月ほどで再開される予定だが、無観客や観客数の制限があるのは必至の状況。


横浜にとって2019年が素晴らしすぎたから、こんな試練が、、、いや、我が軍だけではないか。


「スタジアムへ行きたい」「愛するチームのサッカーで一喜一憂したい」という感情と同じくらいの熱量で、「仲間やお知り合いに会いたい」と思う日々が淡々と流れる。


悪い意味で印象的なシーズンになるに違いない2020年。晩秋から初冬あたりにチームから盛大なプレゼント(≒タイトル)がいくつもあるだろうか。


もう少しのガマンかしら。


皆様、今日もご安全に。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント