自由は厳しさの先にある ~スタジアムへ~

試合が止まって約3ヶ月、我が国に緊急事態が宣言されて約1ヶ月半となる。ようやく先は見えてきたように感じるが、今まで存在した様式に戻るには、相当の時間が必要だろう。


普通に試合へのプロセスを踏み、スタジアムへ観戦に行く楽しみと盛り上がりを取り戻すのは、(現時点で)容易なことではなさそうだ。


「観客を入れずに試合が行われる」→「観客数を制限しながら試合が行われる」 を経て、なおかつ様子を見つつ、といった感じだろうか。


試合さえ行われれば、中継があるのだから、取り戻したことになるのかもしれないが、試合があるのにスタジアムへ行けないのであれば「ひりつく」ような感情を抱きそうな気もする。


画像


「スタジアムへ行く高揚を感じたい」 「仲間やお知り合いとスタジアムで会いたい」 「スタジアムの階段に座ってビールを飲みたい」 「スタジアムで愛するチームと闘いたい」


いま望む感情は「試合」というより「スタジアム」が主語になる。これは私の感情が「諦め」から「希望」に変化し始めた証しだろうか。


私がよく使う「自由は厳しさの先にある」という言葉は、楽しみや自由は障壁を乗り越えないと手に入らないし、苦労して手に入れた自由には満面の楽しみがある。みたいな意味で使っているが、今の心境は、それに近いものを感じたりする。


さて、もう、ひと踏ん張り。


皆様、今日もご安全に。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント