どうなる天皇杯 ~戴冠からの成績も振り返りつつ~

ある程度は仕方ないと感じる日々を過ごしているが、昨日、発表された第100回天皇杯のトーナメント方式の決定は、なんとも言いようのない悲しさを覚える。カテゴリーに関係なく実力を競う伝統ある大会。一発勝負の緊張に包まれた試合の数々。1つ1つ勝ち上がっていく過程は、まさにビクトリーロードと呼ぶに相応しい。私たちの愛するチームが戴冠を果たしたのが…
コメント:0

続きを読むread more