春は来なかった ~昨シーズンの4月までを整理する~

大好きなサッカー観戦の機会が失われて、すでに2ヶ月と少し。冬のオフやワールドカップがある年の中断期間がごとくである。4試合(ゼロックスカップ、ACL×2、リーグ戦)あった公式戦のうち3試合を観戦できたことは、いま考えれば幸せなことかもね。ことが起こらなければ、現時点でリーグ戦は第9節、ACLのGroup Stageは第4節までを消化して…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]ニッパツ三ツ沢球技場のこと

マリノスのホームページを確認すると、次の試合予定は第17節の大分トリニータ戦(三ツ沢)である。そこからのHomeゲームは5試合連続でニッパツ三ツ沢球技場となっている。もちろん、これは東京オリンピックの関係で日産スタジアムを明け渡す予定だったから。そのオリンピックは1年の延期となった。昨シーズンもラグビーのワールドカップで4ヶ月弱もの期間…
コメント:0

続きを読むread more

目指すは連覇と複数タイトル ~再確認~

サッカー界と私たちの現状を見通してみると、なかなかポジティブな雰囲気にはなってこないのは確か。いつ再開されるのか、再開されるとして各タイトルのレギュレーションはどうなるのか。悪い要素が続けば、流れる空気も淀んでくるかのように感じる。リーグ戦…降格なし、全試合の消化は不透明ACL…Group Stageの実施方法も変わりそうルヴァンカップ…
コメント:0

続きを読むread more

どうなる天皇杯 ~戴冠からの成績も振り返りつつ~

ある程度は仕方ないと感じる日々を過ごしているが、昨日、発表された第100回天皇杯のトーナメント方式の決定は、なんとも言いようのない悲しさを覚える。カテゴリーに関係なく実力を競う伝統ある大会。一発勝負の緊張に包まれた試合の数々。1つ1つ勝ち上がっていく過程は、まさにビクトリーロードと呼ぶに相応しい。私たちの愛するチームが戴冠を果たしたのが…
コメント:0

続きを読むread more

降格候補→降格候補→ほぼ降格候補でリーグチャンピオン→2020年は止まったまま

2017年そして2018年のシーズン前、マリノスの評判は「人気ガタ落ち」「チーム崩壊」「降格候補」だったろうか。「終わりの始まり」なんて言葉もあったかしら。2019年も、ほぼ「降格候補」だったかもしれない。サポーターは基本的に他人の芝は青くは見えないものだと思っている。自分の愛するチームの全てが良く見え、他チームがクソに見えてくる。長く…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]遠征物語 ~想像のみ~

遠征に行きたいわね。ただ単にサッカーを観戦するだけでない楽しみに満ちている。時間とカネと労力は必要となるが、それも自らが望むものだから、さして問題ではない。私の遠征は、基本、「ほぼ日帰り可能」「仲間とクルマ乗り合い」だから、遠征範囲は決まってくる。北は仙台、西は神戸、それが行動範囲である。同行メンバーを募る。割り勘の計算をする。遠征の「…
コメント:0

続きを読むread more

再開時期と再開後のスケジュールを雑に予想する

いつ再開されるか分からないマッチ・スケジュールを確認することが多くなってきた。ポジティブめの予想、ネガティブめの予想を繰り返す。ほとんど意味は見いだせないんだけどね。準備期間や公平性を保つ観点でいくと、6月の再開は難しい気もする。となると、現時点のポジティブかつ望むべき再開時期は7/1(水)第20節の清水エスパルス戦(H)だろうか。第2…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]家にいよう ~めっちゃネガティブ論~

なかなかに厳しい状況が続くわね。今はガマンの時と分かりつつも、スタジアムに行きたい、仲間やお知り合いに会いたい、チームにも会いたい、サッカーの熱狂に身を置きたい。抑制すればするほど、その思いが強まるが、その思いを発散し晴らす機会がいつ訪れるのかすら分からない。ゼロックスカップ、ACL、リーグ開幕戦は遥か遠い過去のように感じるし、昨シーズ…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]他人のオウチにも行きたい

オウチ(Our Home)に行きたいがマリノスサポーターの合言葉になりつつあるが、もちろん、他人のオウチにも行きたい。ことが起こらなければ、、、第2節 FC東京第3節 湘南ベルマーレ第5節 清水エスパルス第6節 サンフレッチェ広島第8節 柏レイソルすでに5試合はAwayゲームを消化していたはずである。広島を除けば近場ばかり。絶好の観戦日…
コメント:0

続きを読むread more

昨年の4月、今年の4月

4月ともなれば、シーズンが始まって1ヶ月以上が経過する。エンジンがかかり始めるチームと、そうでないチームが、何となく見え始め、雑多にリーグ戦の順位も想像がつく頃だろうか。(2019年)4/5 第6節 3-0 浦和レッズ(A)4/10 ルヴァンGS第3節 2-2 V・ファーレン長崎(H)4/13 第7節 1-1 名古屋グランパス(H)4/…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]オウチに行きたい ~やりたいことだらけ~

リーグ戦の再開は6月以降の見通し。危惧してたが、やはり2020年シーズンには春が来ないことになりそうだ。デーゲーム、花見、晴天という絶好のサッカー観戦日和に私たちはスタジアムにむかうことすらできない。再開時はナイトゲーム。もちろん夜の試合も好きなんだけど、13:00とか14:00とかのキックオフで午前中から待機列を作るのが、かなり好き。…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]ドM心が盛り上がる

今の状況を何と呼べばいいのかな。あるべきものがなく、本来の状態にはほど遠い。ガマンの日々が続き、それがいつ終わるのかも分からなく悶々と時間だけが経過する。私がマリノスと出会ったのが2007年の春。それ以来、勝ったり引き分けり負けたりの繰り返しのシーズンが続く。いつの頃だろうか「サッカーで特定のチームを応援することは修行のごとく」だと感じ…
コメント:0

続きを読むread more

いまさら3つのゴールを振り返る ~2019年J1第34節~

最近は休みのたびに、寝る、メシ、ビール、散歩の繰り返し。散歩がサッカー観戦になるのはいつかしらとは思うが、その日は遠そうな空気に満ちてきた気がする。いま私たちができることは何かなと感じつつ、それも見つからない。昨日、2019年12月7日、J1第34節のFC東京との試合を見返した。あれから4ヶ月と少しが経過するが、いまだ色褪せない素晴らし…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]想像力が高まってきた(ような気がする)

寒いわね。電車の窓がほぼ全開で。朝から冷たい風を浴びると、やっぱり今シーズンは春がないのかしらと思えてきて寂しさが増してくる。私たちがスタジアムに行ける頃には蝉が鳴いてそうな予感もする。私たちのサッカー生活には、オフがあるし、シーズンによっては長めの中断期間があったりする。それでも、いつ始まるかが決まっているから、そこに向けて準備し、気…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]ドアが開く時、、、

ついに予想通りチームの活動が停止された。私たちがスタジアムへ行ける時は遠のいたという思いと、プレイヤーの安全が(ある程度)守られるという安堵の思いでホッとしたりもする。まぁ、私たちが望む状況(スタジアムに足を運べる)は遠のいていくばかりだけど、今はガマンの時。いつの日か再開されるであろう「その時」に思いを爆発させるしかない。とはいえ、辛…
コメント:0

続きを読むread more

マリノスの試合予定を確認してビビるなど、、、

望まない事態が発生し、私たちの活動に制限がかかると、それを打破したい気持ちが強くなると同時に、元に戻った際にやりたいことやなりたい状況を夢想しまくるものである。飲みに行きたい、仲間やお知り合いと話をしたい、スタジアムに行きたい、愛するチームに会いたい、サッカーで喜怒哀楽を発露したい。欲が増すばかりの日々、、、マリノスのホームページを確認…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]Jリーグ最初の試合を視聴して、いろいろ振り返ってみた

昨夜、Jリーグ始まって最初の試合(ヴェルディ川崎VS横浜マリノス)が放送された。27年前、私はまったくサッカーに興味はなく、いま、この状況(年間に30-40試合を観戦)になっていることを夢想すらできていなかった。あらためて見てみると、あの頃のプレイヤー達の熱量を感じるし、ここから盛り上げていこうという意志の強さみたなものが溢れている。エ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年シーズンの負け試合を整理する

2019年のリーグ戦。リーグチャンピオンにはなったが、印象では負け試合が多かったような。リーグ戦を通しての成績が22勝4分8敗だから、勝率64.7%、負率23.5%となる。(負けた試合)第4節 0-2 大分トリニータ(A)第8節 0-3 北海道コンサドーレ札幌(A)第11節 0-3 セレッソ大阪(A)第15節 2-3 清水エスパルス(A…
コメント:0

続きを読むread more

今さら2019年の第33節を振り返るなど

話を2019年11月30日の第33節に戻そう。場所は等々力陸上競技場、相手は川崎フロンターレ。2013年のあの試合を思い出すがごとくのチケット争奪戦を経て、私は等々力に居た。壮絶な気合いとともに乗り込んだ「あの時」は異なり、いつものようにスタジアムに向かったはず。たぶんだが、チームへの信頼度、チームが醸す空気感は、「あの時」を遥かに上回…
コメント:0

続きを読むread more

使われないネンチケ、手元から消えたAwayチケット

何か明るい話題はないかしら。刻々と悪化してるように感じる情勢、待ち望むリーグ戦の再開は遠いように感じ始めた。無観客という手段もあるのかもしれないが、、、移動が必要なのだから、愛するチームとプレイヤーをリスクに晒すことは避けられない。こう考えると、観客が居るか否かはリスク回避の手段として良策ではないわね。それなりの争奪戦があった平塚と日立…
コメント:0

続きを読むread more

「春が遠い」いや「春はない」のかな

今日から4月。例年なら着慣れないスーツに身をつつんだ新社会人の方々が目につくが、その姿すら見かけない。世界は、日本は、私たちは、どこへどう向かうとしてるのかしら。不安が蓄積される状況は、もちろん望むべきものではない。サッカーのファン、サポーターにとって、今年の春はやってくるのだろうか。愛するチームは、2月に4試合(ゼロックスカップ、AC…
コメント:0

続きを読むread more