降格候補→降格候補→ほぼ降格候補でリーグチャンピオン→2020年は止まったまま

2017年そして2018年のシーズン前、マリノスの評判は「人気ガタ落ち」「チーム崩壊」「降格候補」だったろうか。「終わりの始まり」なんて言葉もあったかしら。2019年も、ほぼ「降格候補」だったかもしれない。


サポーターは基本的に他人の芝は青くは見えないものだと思っている。自分の愛するチームの全てが良く見え、他チームがクソに見えてくる。長く特定のチームを好きでいれば、ますます、その思いは強くなるような気がする。


チームは生き物。新陳代謝を繰り返しながら、その存在価値を維持し高めていくもの。出て行ったプレイヤーがいるからこそ、いま私たちが愛するプレイヤーがトリコロールのために闘ってくれる。

75957CE6-B6BA-49C0-A820-7E5CDE734B7C.jpeg

降格候補(5位、天皇杯準優勝)→降格候補(12位、ルヴァンカップ準優勝)→ほぼ降格候補(リーグチャンピオン)の3年間を過ごし、満面の自信とともに迎えた2020年シーズン。


ゼロックスカップのPK負け、ACL連勝、リーグ開幕戦の負け。そこで時間が止まって、すでに2ヶ月。この先いつ試合が再開されるのかすら分からない。


多くのマリノスサポーターが「連覇」「複数タイトル」「アジアを勝ち獲る」を現実のものとして意識しながら始まった。


昨シーズンの夏からの圧倒的な強さをスタジアムで感じた私たち。2020年はなかなか時間が先へ進まない。


時計はいつ進み始めるのかしら。いったん進むと早送り気味に試合が消化されるのかしら。はやくスタジアムに行きたいわね。


皆様、今日もご安全に。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント