ようやく「横浜人」になりました ~13年目のシーズン~

マリノスと出会って13年目のシーズンが暮れようとしている。わたし調べ的には、毎年、タイトルを獲ることができると予感するが、13年目のシーズンが始まるまで経験したタイトルは、わずかに1つきり。自分がマリノスを好きになり、遅れて手に入れた趣味だったマリノスを、その時その時にどう感じたかを残しておきたいと思い始めたブログも10年以上となってし…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]補強のこと

シーズンオフを賑わすマリノスの補強と言われるが、積極的に動き新しい血を入れるのは、ここ2-3年と、そう変わらない気がする。2019年シーズンを闘ったメンバーを見れば「いかにも」と。それでも、前向きになり、来シーズンへの期待値が上がってきているのは、自らチームを出ていく選択をする主力メンバーが「ほぼ」いないからだろうか。「チーム崩壊」「人…
コメント:0

続きを読むread more

俺たちが横浜♪ もう誰にも止められない♪

リーグ最終節から約3週間が経過した。いつものシーズンオフなら、私たちサポーターは来シーズンに向けて、いろいろと夢想している頃だが、このオフは、なかなかに余韻を楽しむ意識が高い気がする。リーグチャンピオンのオフは、こんな感じかと幸せな時間を謳歌できている。もちろん、チームが来シーズンへの準備を着々と進めている安心感もあるからね。さて、また…
コメント:0

続きを読むread more

Our Home 日産スタジアム ~見上げた空は曇っていた~

2019年12月7日、私たちはHome日産スタジアムに居た。長い時間だったような、あっという間だったような。月日の経過とともに記憶は薄れるが、あの場に居て最高の歓喜と感激を味わった事実はココロに残る。あの時、112日ぶりの Our Home 日産スタジアムだった。三ツ沢も大好きだが、Homeの感覚に浸る思いが濃厚なのは、やはり日産スタジ…
コメント:0

続きを読むread more

次の「欲」へ向かう

歓喜と感涙のリーグチャンピオン奪還から2週間あまり。私たちはその余韻を感じているが、チームは既に次のタイトルへ向け、着々と準備を進めている。これを実感することで、ますますリーグチャンピオンの価値を感じる。ポジティブ寄りに回り始めた横浜の動力に、私たちの希望も膨らむ一方である。リーグチャンピオンの価値は、このシーズンの感動だけでなく、近い…
コメント:0

続きを読むread more

[ほぼ定期]横浜が好き ~涙、仲間、タイトル~

感激と感涙のリーグチャンピオン奪還から10日が過ぎた。本気で取り組んだり、本当に欲しいと念じた時に、涙は自然と流れるものなんだなと。アディッショナルタイムに入ろうとする頃、まったく無意識に涙が流れた。試合映像に抜かれたのは、まったくもって誤算だったが、ゆくゆくの思い出となるに違いない。ふと我に戻って仲間を見れば、みな泣いていた。ホントに…
コメント:0

続きを読むread more

68得点 ~得点者を整理する~

今シーズンのマリノスの得点者を全て調べてみた。68得点のうち、PKが9、オウンゴールが1、完璧に叩き込んだゴールが58。その全てが脳裏に刻み込まれているはずもなく、映像のチカラを借りないと全てを思い出すことは難しい。それほど多くの素晴らしいゴールが生まれたことが、リーグチャンピオン奪還の大きな要因の1つであることは間違いない。マルコス・…
コメント:0

続きを読むread more

[雑感]1週間が経過して

感動と感激のリーグチャンピオン奪還から1週間が過ぎた。チャンピオンチームのサポーター稼業は、こんなにも幸せなものだと実感すればするほど、チームへの愛が増してくる。これから1年はシャーレが横浜にあるし、今シーズンの勢いをもってすれば、この先も当面は、、、みたいな感覚が芽生えてくる。私たちサポーターは、祝勝会を何度も開き、夜な夜なプライベー…
コメント:0

続きを読むread more

ぼちぼち来シーズンへ

歓喜と感涙のリーグチャンピオン奪還から1週間が経った。チームは約1ヶ月のオフに入り、私たちにも日常が戻ってきた。あの時、Our HOME 日産スタジアムで感じた思いが、あまりに強烈な体験だっただけに、すでに日常の足りなさに気づいてしまう。だからこそ、早くも次のシーズンへの思いが馳せてきたのだろうか。前置きが長くなった。今シーズンのチーム…
コメント:0

続きを読むread more

余韻に浸る ~11試合負けなし(10勝1分)~

リーグチャンピオンの興奮と熱狂から4日目の朝がきた。普段通りの生活パターンに戻っているのだが、スタジアムで感じた感触は、わたしのココロに刻まれたままである。ようやくに掴んだリーグチャンピオンの座。わたしのリーグチャンピオン童貞も無事に卒業を迎え、三大タイトルでいえばルヴァンカップ童貞を残すのみとなった。近いうちに卒業するはず。さて、マリ…
コメント:0

続きを読むread more

[観戦雑記]J1第34節 横浜F・マリノス VS FC東京 ~すべてが凝縮された3点目~

残り試合時間は15分ほど。自陣深くペナルティエリアあたりでオフサイドを取る。FC東京のプレイヤーの動きは、当然のように止まる。停止していたボールをセットすることすらせずに、、、ティーラトンが蹴る。その先には既にゴール方向を目指していた遠藤渓太がいた。ハーフウェイあたりで1人かわすと、ゴールまでの道程が示された。映像で確認すると、エリキも…
コメント:0

続きを読むread more

優勝報告会に行ってきた 20191208

感動的なリーグチャンピオン奪回から一夜明け、その感動を祝う優勝報告会に行ってきた。優勝を決めた日の荒天がウソのような快晴は、マリノスの優勝を、より華やかなものにするかのごとくだったわね。みなとみらい地区にある象の鼻パークは、幸せな表情のマリノスサポーター約3,000人(テレビ神奈川しらべ)で埋められた。ある意味、淡々とセレモニーが進行さ…
コメント:0

続きを読むread more

[観戦記]J1第34節 横浜F・マリノス VS FC東京 20191207

2019年J1第34節 横浜F・マリノス VS FC東京日産スタジアム 14:03キックオフ観客:63,854人主審:木村博之天候:曇り結果:横浜F・マリノス3ー0FC東京マリノス得点者:ティーラトン(今シーズン3点め)、エリキ(今シーズン8点め)、遠藤渓太(今シーズン7点め)シュート数:横浜F・マリノス(7)、FC東京(7)まずチーム…
コメント:0

続きを読むread more

[プレビュー] J1第34節 横浜F・マリノス VS FC東京

2019年 J1第34節 横浜F・マリノス VS FC東京2019年12月7日 日産スタジアム14:00キックオフ予想天気:雨発券枚数:65,345枚マリノスから見た過去対戦成績:12勝8分17敗(リーグ戦)昨シーズン対戦成績:2敗 得点2失点6前回対戦:2019年J1第17節 2-4(味の素スタジアム)何かが掛かるという状況で最終節を…
コメント:0

続きを読むread more

オウチに帰る ~112日ぶりの日産スタジアム~

今シーズン最後の試合を3日後に控えた今、ココロはいたって平静を保っている。前夜に眠る頃、土曜日の朝に起きた時、スタジアムに向かう道すがら、スタジアムに着いた時、どんな心境になっているかは分からないが、、、危機感や焦燥感ではなく、期待と希望に溢れているはずだ。これは、ここまでのリーグ戦33試合でチームが積み上げてくれた安心感から来るものか…
コメント:0

続きを読むread more

Home最終戦の戦績と観客動員 ~空気は読まないわよ~

いよいよHome最終節にして今シーズン最後の試合が迫ってきた。何かが賭かるという意味では、あの2013年の最終節(Away 等々力)以来だろうか。マリノスの最終節といえば、たいていシーズンの様相が決まっている状態で開催され、しんみりと最終節を見守ることが多い。そういう意味では(残念ながら)安心して、、、という感じかな。さて、今シーズン。…
コメント:0

続きを読むread more

[観戦雑記]J1第33節 川崎フロンターレVS横浜F・マリノス ~いつも通り~

文章で表現するのは難しいのだが、大事な大事な第33節のAway川崎フロンターレ戦の前、いつも以上の平常心で試合へ向かう日々を過ごしたような気がする。気負いや怖さは感じなかった。家を出てスタジアムに向かう。等々力のスタジアムが見えてくる。待機列に並ぶ。あの時、異様な雰囲気に包まれていた等々力の待機列も、今回はいつもの待機列と変わらない空気…
コメント:0

続きを読むread more

[観戦記]J1第33節 川崎フロンターレVS横浜F・マリノス 20191130

2019年J1第33節 川崎フロンターレVS横浜F・マリノス等々力陸上競技場 14:04キックオフ観客:23,893人主審:西村雄一 → 清水勇人天候:晴れ結果:横浜F・マリノス4ー1川崎フロンターレマリノス得点者:仲川輝人(今シーズン15点め)、エリキ(今シーズン6点め、7点め)、遠藤渓太(今シーズン6点め)シュート数:横浜F・マリノ…
コメント:0

続きを読むread more