[観戦雑記]天皇杯4回戦 鹿島アントラーズVS横浜F・マリノス ~楽しみと悲しみのカシマ遠征~

ミッドウィーク水曜日の11:00に横浜市内某所に集合した。毎度のクルマ乗り合い、仲間との楽しい(はずの)遠征が始まった。男女4人の遠征は、飲み会のごとくの賑やかさ。


潮来で昼メシを食って、カシマに移動し、スタジアムが見えてくれば、試合への期待も高まろうというものである。

A5DCA1A7-4489-4EEE-BF95-8E4FB2F4EB69.jpeg

天皇杯でもっと上へ行く。カシマで鹿島に勝つ。サイコーの試合を観戦して、サイコーの雰囲気で帰途に着く。分かりやすく書けば、昨シーズンのルヴァンカップ準決勝1st Legみたいな試合と結果を期待した。


そんな思いを霧散させるがごとくの1-4。いいトコロで止められる。カシマで鹿島に勝てない。ある種のトラウマがごとくの感情が、今回も目覚めてしまった。


憎くて憎くてたまらなかったアントラーズも、オリ10でずっと居続けるのが2チームのみになってからは、ある意味で「ズッ友」みたいな意識も芽生え始めたのだが、リーグ戦でもカップ戦でも彼らを倒さないと、横浜にタイトルがもやって来ることはない。


なんか改めて、そんな思いを抱くことになったわ。


これで残された可能性はリーグチャンピオンのみ。残り8試合に今シーズンの全てを賭けるしかない。


残念ながら、鹿島アントラーズとの対戦は残っていない。今シーズンで彼らに一泡ふかせる機会はないが、リーグ戦では彼らの上に立つことができる。もちろん、それもリーグチャンピオンにたどり着く条件の1つだもんね。


それにしても悔しい試合だった。残りリーグ戦8試合で総仕上げしたいわ。それしかない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント