[観戦記]天皇杯4回戦 鹿島アントラーズVS横浜F・マリノス 20190925

第99回天皇杯4回戦(ラウンド16) 鹿島アントラーズVS横浜F・マリノス

茨城県立カシマサッカースタジアム 19:03キックオフ

観客:6,529人

主審:岡部拓人

天候:晴れ

結果:横浜F・マリノス1-4鹿島アントラーズ

マリノス得点者:エリキ(今大会1点め)

シュート数:横浜F・マリノス(8)、鹿島アントラーズ(8)



試合の入りは決して悪くなかった。というよりも良かった気がする。先制点が来れば、次のラウンドに進めるんじゃないか、という楽観視がチームにも私たちにも芽生えたのだろうか。


あっさりと裏を取られて失点した。あっーと思ったのも一瞬であり、エリキのPKで追いついた時点から盛り返そうと、、、


ピンチが決定機となり、さらに失点に繋がる流れ。これは観戦者として最もキツい。時間を追うごとに、追いつける空気が薄くなったように感じたのは、スコアがアレだったからだろうか。


天皇杯は一発勝負。前半45分(1-3)が終わった時点で、残業(延長・PK)上等、とにかく上へ行くのだと。マリノスサポーターの応援の圧は高まった気がしたんだけど。

F5BA4559-6415-4508-AEEC-C295A73AE226.jpeg

ラスト(旧)国立競技場で天皇杯を戴冠した横浜が、はじめての新・国立競技場で賜杯を高々と掲げる。そういうストーリーを描いていたんだけど、、、


残り1つとなった戴冠のチャンス。簡単ではないが、今シーズンのチームと掴みたい。


悔しい負けだったわ。



〈今シーズン観戦成績〉

【J1】

Home 14戦9勝3分2敗

Away 7戦3勝4敗

【ルヴァン】

Home 3戦1勝2分

Away 1戦1敗

【天皇杯】

2戦1勝1敗



今シーズン通算:27戦14勝5分8敗






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント