今シーズンの観客動員数を予測する

リーグ戦も残すところ10試合。どこまでの成果(≒順位)を上げることができるか。悲願・念願に届くことはできるか。最大の関心事はソレであるのは言うまでもない。


と同時に、残り5試合となったHomeゲームの観客数も気になり始めた。


2019年(12試合)

342,564人(28,547人/試合)


2018年(17試合)

370,396人(21,788人/試合)


1試合あたり7,000人弱の増加だから、昨シーズンの数字を上回るのは間違いない。成績面での躍進があり、魅力あるサッカーが浸透したのだから、妥当な数字かもしれないね。

画像

ただ、ここから平均観客数を伸ばすのは現実的に不可能である。収容人員に限りがある三ツ沢での試合が4つ続き、最終節のみが日産スタジアム。


三ツ沢4試合で約50,000人。最終節がリーグチャンピオンを争う試合になれば約65,000人。これで計算すると、、、


457,564人(26,915人/試合)


今シーズンの観客数の上限はこんな感じだろうか。リーグチャンピオンへのプロセスを歩むマリノスを、スタジアムで体感できるのは100,000席強といった感じか。


観客動員数だけを考えれば、リーグ戦での三ツ沢開催が困難な状況になるのが理想かもしれないね。


おいでよスタジアム。チケットは早めに買ってね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント