[TV観戦記]J1第20節 ヴィッセル神戸VS横浜F・マリノス 20190720

2019年J1第20節 ヴィッセル神戸VS横浜F・マリノス

ノエビアスタジアム神戸 18:03キックオフ

観客:20,269人

主審:今村義朗

天候:曇り

結果:横浜F・マリノス2-0ヴィッセル神戸

マリノス得点者:エジガル・ジュニオ(今シーズン11点め)、マルコス・ジュニオール(今シーズン9点め<PK>)

シュート数:横浜F・マリノス(12)、ヴィッセル神戸(15)


スタジアムに行かなかったことを100%後悔させるような素晴らしい勝利だったわ。技術と戦術、そして気持ちで、勝ち取った勝点3であったことは疑いようもない。


試合の入りはアレだった。もちろんね。ただ、あの時間帯をやり過ごしたことで、相手の体力と運動量を疲弊させたのかもしれない。時間を追うごとに、マリノスのプレイヤーが発揮する活発な動きが試合を支配した。


(ポステコグルー監督のハーフタイムコメント)

「すばやくプレスをかけてロングボールを蹴らせよう。

相手のプレッシャーにあわてず自信を持ってプレーすること。

ワンタッチ、ツータッチでテンポ良くボールをつないでいこう」


後半14分にチアゴが退場になってから、ポステコグルーの言葉をチームが体現し始めた気がする。活発な運動量ボールを運ぶ。守勢となればオフサイドを獲りまくる。あと1点があれば、勝利は間違いない展開に感じた。


思ったより時間は掛かったが、スペースにボールを繋ぎ、仲川が突っ込んだ時点で試合は決したのかもね。


とにかく10人になってからの試合運びがサイコー過ぎた。途中から観戦したなら、横浜が10人で闘っていることに気づかないかもしれない。それほどの運動量と気持ちでチームは闘ってくれた。そういう意味では妥当な勝利だったわね。


試合終了後にDAZNに映った仲間たちの幸せな表情。これが、この試合の素晴らしさを代弁していたのかな。現地組に盛大な嫉妬を感じながらね。


これで今シーズン2度目の3連勝を果たした。目指すべきものが「リーグチャンピオン」であるのなら、これを伸ばしていくしかない。またまた次の試合が大事になる。


マリノスサポーターの皆さん、おめでとうございます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント