[観戦雑記]J1第19節 横浜F・マリノスVS浦和レッズ ~見え隠れしたような~

リーグ戦4度目の連勝を、ほぼ理想的な試合運びで達成した。いろんなスパイスが効きすぎた感は確かにあるが、スタッツ、内容、展開と負ける要素はなかったはずだから、横浜から見れば妥当な勝利だったと思いたい。


これでHome負けなし(7勝3分)をキープすることができた。これを、この段階まで維持できているのは、(記憶違いでなければ)2013年シーズン以来のことだろう。


これから始まる本格的な夏に結果を積み上げ、秋はシビレるような闘いに身を置き、寒さを感じ始める頃に総仕上げを、、、なんて希望が何となく見えてきたりもする。確信の段階には至っていないとは思うけどね。

D325048B-B9F8-4203-AA2D-D8BA35117985.jpeg

そういう面では、年1であるか否かいう、本質以外がフォーカスされる試合をモノにしたのは大きい。プレイヤーも私たちもココロの底から100%の喜びを発露することはできなかった。


しかし、勝点「3」はキチンとものにした。シーズンが佳境を迎える頃に、この試合のホントの価値を理解するのかもしれない。


とにかく次へ向おう。次の試合で今シーズンのリーグ戦2度目の3連勝を果たせば、横浜の行く先に差す光は眩しくなってくると信じたい。





0

この記事へのコメント