第99回天皇杯 ~戦績と初戦の結果を整理する~

さて、天皇杯。とても魅力がある。完全な1発勝負で勝ち上がっていくのも「そう」だし、初戦である2回戦、そして3回戦は普段対戦が叶わないチームとの試合になる。試合形態としては最も魅力とドキドキ感を味わうことができるんじゃないかな。

マリノスとしては最も直近に獲たタイトル。ただ、それも6大会前の話になる。ここのところのタイトルから遠ざかっている悔しさを晴らすため、いま感じている希望がホンモノであることを証明する闘いが始まる。

[初戦の結果と成績]
第98回 4-3(FC大阪)4回戦とまり
第97回 3-1(FC大阪) 準優勝
第96回 2-0(福島ユナイテッドFC)準決勝とまり
第95回 3-1(MIOびわこ滋賀)4回戦とまり
第94回 3-0(ホンダロックSC)3回戦とまり
第93回 5-1(ヴァンラーレ八戸)優勝

こう振り返ってみると、2大会前の悔しさが思い出される。感動的ですらあった勝ち上がりの過程は、戴冠へのプロセスとしてはストーリーじみた印象さえ感じた。それでも届かなかった。

前回大会は、準決勝敗退→準優勝の流れを止めるがごとくの4回戦敗退。タイトルとは果てしないものである。
画像

明後日(水曜日)第99回天皇杯の初戦をHome三ツ沢で迎える。ラスト国立で戴冠を果たしたチームが、ニュー国立でカップを掲げる。マリノスとマリノスサポーターにとっては十分なストーリーであるが、そう簡単には行かないことは分かっている。

戴冠に向けてチームと共に闘いたい。2020年1月1日を目指す闘いが始まる。天皇杯も獲りに行こう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック