[TV観戦記]ルヴァンC GS 第5節 北海道コンサドーレ札幌VS横浜F・マリノス 20190508

2019年ルヴァンカップ グループ・ステージ第5節 北海道コンサドーレ札幌VS横浜F・マリノス
札幌厚別公園競技場 19:03キックオフ
天気:晴れ
観客:5,311人
主審:松尾一
結果:横浜F・マリノス4-0北海道コンサドーレ札幌
マリノス得点者:松原健(今大会1点め)、李忠成(今大会1点め)、イッペイ・シノヅカ(今大会2点め)、山谷侑士(今大会2点め)
シュート数:横浜F・マリノス(10)、北海道コンサドーレ札幌(8)

攻撃が上手くまわれば、守備も安定する。という、まさに理想的な試合展開だったろうか。そう考えれば、前半早めの時間帯のゴールが、4-0の圧勝を生んだのかもしれない。松原健のゴールを獲て、冷静に試合を運ぶことができた。

後半の入りからもイーブンな展開だったとは感じたが、李忠成のマリノス初ゴールがチームに火をつけた。理想的に得点が積み上がり、一気に4-0と相手の気持ちを削ぐ勝利は、なんとも気持ちがいい。
画像

※写真提供:うっぷるサン

ただ、目指すトコロには到達していないのだと思う。結果は獲たが、今シーズンのマリノスが目指すサッカーの到達点は、まだまだココではないだろう。結果が伴い始めたからこそ、目指す理想への歩みが必要である。

これでグループステージ首位。自力で突破できる状況にまで辿りついた。次も勝って、戴冠への道を切り開こう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック