サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [観戦記]ルヴァンC GS 第3節 横浜F・マリノス VS V・ファーレン長崎 20190410

<<   作成日時 : 2019/04/11 07:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年ルヴァンカップ グループ・ステージ第3節 横浜F・マリノス VS V店ファーレン長崎
ニッパツ三ツ沢球技場 19:33キックオフ
天気:雨
観客:3,528人
主審:高山啓義
結果:横浜F・マリノス2−2V・ファーレン長崎
マリノス得点者:山谷侑士(今大会1点め)、イッペイ・シノヅカ(今大会1点め)
シュート数:横浜F・マリノス(15)、V・ファーレン長崎(15)


まず、スタジアムに足を運ばれたマリノスサポーターの皆様お疲れさまです。雨・風・寒さのトリプルコンボ、なかなか体験できない過酷な条件。いずれか1つであれば、私たちは、しばしば経験するし、ある意味で慣れてはいるが、、、厳しかったね。

プレーが止まると、プレイヤーたちも、ピッチでカラダを温めるような仕草をする。そんなコンディションのなか、愛するチームは闘っていた。だからこそ、彼らが報われ、私たちも「おこぼれ」を頂戴したかったのが、偽らざる本音である。

この試合で欲しかったのが、今シーズンのルヴァンカップ初勝利であったなら、それを手にするまで「あと1歩」だった。勝利(だけ)至上主義なら、なぜ、あの時間帯で試合を終わらせることのみを目指さなかった、、、とはなるが、

全てのメンバーを入れ替えたことで、出場したプレイヤーたちは、誰もが自分を表現したかった。相手ゴール側にボールを運びたかった。まぁ、これも真理(心理)かもしれないね。

とはいえ、厳しく残念な引き分けだった。あと数分をガマンできていれば、若いプレイヤーや(いわゆる)サブ組にも自信ができただろうし、サポーターの空気も違っていただろう。まだまだやることはある。
画像

グループステージも残り3試合。すべて勝てば突破できるが、2勝しかできなければ苦しい状況にある。まずは再来週のHomeゲームに多くのサポーターが集まりチームの後押しをする。それに背中を押されたチームが躍動する。それを期待したいわ。

横浜の試合を1つでも多く観戦したい。チームと歓喜を共有したい。目指すべき場所はタイトルであって欲しい。帰宅後、暖を取りながら、そんなことを感じてた。

くそ寒かったし、勝てなかったけど、行ってよかった。次に向かうか。

〈今シーズン観戦成績〉
【J1】
Home 3戦1勝2分
Away 2戦2勝
【ルヴァン】
Home 2戦2分
Away 1戦1敗

今シーズン通算:8戦3勝4分1敗


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[観戦記]ルヴァンC GS 第3節 横浜F・マリノス VS V・ファーレン長崎 20190410 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる