[観戦雑記]J1第29節 横浜F・マリノスVS北海道コンサドーレ札幌 ~伝統より未来へ~

「横浜には横浜のサッカー」があり、「歴史と伝統」が、それを紡いできた。と、ずっと信じていた。オッサンになれば保守的な考えが自分を支配し始め、それが快適である。けど、そうじゃないのかな、と気づき始めた。

2月のプレシーズンマッチで驚愕を感じた今シーズンのマリノス。一進一退を繰り返しながら半年以上。苦しんだね。チームも私たちも。胃が痛むくらいに、結果が伴って欲しい、と感じたのは、この今の横浜のサッカーに魅力と期待を持ち続けたからだろうか。
画像

写真提供:まつもとサン

既存のプレイヤーに加え、ドゥシャン、チアゴ、畠中、建英が夏に加入した。彼らも、この横浜のサッカーに早くもフィットしてきた。試合経験と自らの実力、そして、彼らを活かそうとするプレイヤー達。

残りリーグ戦わずか5試合しかないが、はっきりと(ようやく)見えてきた気がしてならない。チームとしての姿勢が明確に見え、それを体現するプレイヤーの踏ん張りがある。

2-1は苦しんだスコアかもしれないが、金曜日夜に見つめたサッカーは、たまらんほど楽しかった。時間が経過するに従い楽しくなってきたのは、(もしかすると)感じていた期待が(ようやく)確信に変わったからかもね。

残りリーグ戦とルヴァンカップ、すべて勝ちたいね。この先の横浜に、より期待するために。たまらん試合だったわ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック