前を向かない理由はない ~Home&Awayでの4-0~

昨夜、スカパーの再放送で試合を(ほぼ冷静に)振り返ったが、まさに強くて楽しい横浜が体現できていたと思う。欲をいえば、あと2-3点は獲ることができたのではと。
画像

※写真提供:うっぴ

試合は仲間たちが我が家に集まって、テレビで観戦したのだが、「まだ獲れる」「8点獲れ」と大騒ぎしながらの楽しいテレビ観戦だったわ。

相手がBチームだったとかのエクスキューズは必要ない。この試合も日本最高峰の舞台であり、貴重なタイトルを目指す場である。どういうチョイスをしようが、それがクラブの意気込みであり、総合力であるような気がするね。

さて、4-0。リーグ戦や天皇杯でないし、ルヴァンカップのグループ・ステージでもない。Home&Awayの4-0である。意味合いが全く違う。

普通に勝てばよいだけだし、引き分け上等、負けても沈黙するようなものでなければOKと。90分の試合を4-0から開始できるのである。

2011年2回戦 川崎フロンターレ
1st 4-0 → 2nd 2-3 勝ち上がり
※震災による変則日程で予選なし

2013年準決勝 柏レイソル
1st 0-4 → 2nd 2-0 敗退

思い出したわ。フロンターレの時に感じた高揚感、レイソルの時に感じた絶望感を。4-0と数字は、それほど重いんじゃないかな。

勝って次のステージに進む。それが実現できれば、念願のルヴァンカップ戴冠が現実的に見えてくるんじゃないかな。

日曜日の2nd Legが楽しみで仕方ない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック