サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [観戦雑記]J1第16節 ベガルタ仙台VS横浜F・マリノス 〜めっちゃ熱い夏が来たわ〜

<<   作成日時 : 2018/07/20 07:40   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

いつの試合だって、横浜の勝利を信じて、スタジアムに足を運ぶ。アウェイで距離が遠くなればなるほど、その思いは強くなったりする。使う時間とカネを勝利で相殺するがごとくね。

にしても、である。勝つのは勝つだろうと思い向かった訳だが、予想の遥か上を行く結果と内容、、、満足感を得られなかったマリノスサポーターはいただろうか。この試合に立ち会った記憶は、深く長く残るに違いない。チームへの感謝とともにね。
画像

ただ、結果から見ると、これは当たり前の事象かもしれない。公式戦8試合負けなし(6勝2分 得点27失点13)と猛烈な勢いで結果が伴い始めた。

この試合の2日前にトレーニング見学したが、マリノスの練習に違和感が生じていた。基本的なメニューは変わらないのだが、実戦形式のトレーニングでは、、、

ボールが切れるたびに、ポステコグルーさんの熱い指導が入る。1プレー1プレーを確認するがごとくね。また、明らかに対戦相手を意識した攻撃と守備の積み上げを行っていた。

トレーニングから試合の流れで両方を見た人は、そう感じただろう。攻撃の組み立てとボールの置きどころは、明らかにトレーニングで行っていたソレであった。守りきる場面を想定した中盤の底に、扇原と喜田を並べるフォーメーションも練習していたが、出すまでもない展開だったからね。

これ、この1試合だけの話でないと思う。たぶんだが、ポステコグルーさんとしては、チーム戦術の基本を構築する段階を終えたのかもしれない。誰もに落とし込むことができたので、次の段階として、対戦相手を見据えた対策をトレーニングで行う。

これは、とても重要でチームの結果と内容に大きな影響を与えるに違いない。結果(≒成績)を踏み台に次の段階に進めていく。メソッドとしては、まさに理想的である。

試合後の挨拶でプレイヤーと並び、ポステコグルーさんが両手を挙げたのは、やってきたことが、8−2という結果で証明された喜びを表したのだろうか。

横浜の夏がやってきた。秋も来シーズン以降も見据えられるほどの暑くて熱い夏が来たわ。次もやってやろう。



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[観戦雑記]J1第16節 ベガルタ仙台VS横浜F・マリノス 〜めっちゃ熱い夏が来たわ〜 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる