[TV観戦記]ルヴァンカップGroup League第1節 セレッソ大阪VS横浜F・マリノス

2017年YBCルヴァンカップ Group League第1節 セレッソ大阪VS横浜F・マリノス
キンチョウスタジアム 19:03キックオフ
天気:晴れ
観客:7,601人
主審:三上正一郎
結果:横浜F・マリノス0-2セレッソ大阪
シュート数:横浜F・マリノス(12)、セレッソ大阪(6)

リーグ戦から全メンバーをターンオーバー。これで統一された意図が発揮でき、さらに結果・内容が伴えば、今シーズンのマリノスへの期待度はMaxとなったであろう。

昨日のスターティングとベンチメンバーが発表された時に、感じた清々しさと期待感が大きかったから尚更だろうかね。

こういう気持ちは昨シーズンのルヴァンカップ(当時ナビスコカップ)のGroup Leagueの闘いがあったからだと思っている。初戦は引き分けだったが感じた、その先への期待、少なくともソレを感じたかったのかもしれない。

結果から見れば、失点するまでの時間帯には感じたが、失点以降は若者主体のチームとしては腰の引けた闘いぶりになっただろうか。負けたから、そう見えるだけであって欲しい気持ちもある。

このメンバー構成だから、ガリガリに行って欲しかったし、リードされているならソレをひっくり返すだけのプレーが見たかった。実際は、そうだったのかもしれないが、負け視点で見るからそう見えただけかは分からない。

ルヴァンカップの負けはルヴァンカップでしか取り戻せない。この試合を受けて次に向かうのは、4/12(水)三ツ沢でのGroup League第2節である。

昨シーズンのGroup Leagueは、引き分け→負け と来て、残り4試合を3勝1分で突破した。今大会はまだ初戦を消化しただけ。落ち込む要素なんてないかもな。

4/12(水)は三ツ沢に集合しよう。


[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック