[観戦雑記]第96回天皇杯準々決勝 横浜F・マリノスVSガンバ大阪 ~実感~

今シーズン公式戦48試合目。よく勝ってくれた。これで49試合目はある。そして公式戦50試合目での戴冠を!というのがハッキリと見えてきたね。年内に試合が終わるのか、来年も闘えるのか、わずか3日の差がとても大きい。

それにしても素晴らしい勝利であった。出場したプレイヤー達の気持ちのこもった闘いぶりは、この天皇杯のみならず、来シーズンにも繋がるような予感さえさせるものではなかっただろうか。

チームは変化し成長している実感とでもいうのかな。この天皇杯準々決勝に先発したメンバー構成がソレを示している。

シーズン当初から(いわゆる)レギュラーとして、出場していたメンバーは、、、

佑二、小林、喜田、学の4人。それ以外のメンバーは、自らの努力や怪我による出場機会を活かしたプレイヤーがほとんど。ようやくに天皇杯という舞台で、結果が伴ってきたのかもね。
画像

たまに「誰が出ても同じサッカーを」という方がいるが、この勝利を見ると、ズレているのが分かるな。いろんな個性のプレイヤーがいて、そのチームらしい理想のサッカーに近づいていく。それかな。天皇杯を勝ち上がったメンバーを見ると「まさに」そう思う。

チームは生きている。成長していく。その先にあるのが、タイトルでありマリノスらしいサッカーであるなら、私たちは幸せかもしれない。

さぁ、あと2つ。獲りにいく。



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント