[プレビュー]J1第27節 ベガルタ仙台VS横浜F・マリノス

2013年J1第27節 ベガルタ仙台VS横浜F・マリノス
2013年9月28日 ユアテックスタジアム 13:00キックオフ
予想天気:晴れ時々曇り
入場予定者:18,000人?
マリノスから見た過去対戦成績:3勝4分4負(リーグ戦)
昨シーズン対戦成績:1分1負 得点2、失点4
前回対戦:2013年J1第12節 0-0(日産スタジアム)
toto投票率: Home勝ち30.54%、引分け24.81%、Away勝ち44.65%

[予想希望布陣:4-2-3-1]
____藤田___
兵藤__俊輔__佐藤
__富澤__中町__
動虎_中澤_勇蔵_小林
____哲也___

現在、首位に立ち、今節終了時点の結果に関わらず首位キープしているチームにとって、日程の妙まで味方してくれる。

今節で最も早く試合が始まり、最も早く結果が出る。マリノスが勝利すれば、現時点でリーグチャンピオンの可能性がある(と思われる)2ー4位のチームに強烈なプレッシャーを掛けられる。

本来、追うべきチームは、勝利を求めて積極的な試合を行わねばならないが、勝ち点差を考えると、負けられない、負けると優勝が遠のくとなり、自分たちのサッカーが出来なくなるかもしれない。

そして、また重要で勝たなければならないマリノスにも、ネガティブ要素がある。学の出場停止、マルキが欠場濃厚と。当然、シーズン終盤には主力が試合に出られないことは起き得る。それでも2人同時というのは痛い。

首位を走るチームの力量が試される試合となりそうだ。という状況では、欲しいね、先取点が。そして、できれば追加点が。

前節のエスパルス戦で、守備の踏ん張りに自信をつけているはずだ。押し込まれても、なかなかシュートは撃たせない、撃たれてもギリギリであと一歩が出る。シーズン終盤でマリノスらしい守備が復活してきた。

ある程度、相手を研究して試合に臨んでくるベガルタに対しては、前線の顔触れが変わるほうが効果的に違いない!

残り全てが大事な試合に違いないが、この試合は、最上級の重みを持つ試合になるかもしれない。大勝や快勝はいらない!欲しいのは念願に確実に近づく勝ち点3だけだ!


[追記]
勝とう!プレッシャーかけよう!!と思われる方、このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

David Langan
2013年10月01日 04:52
素敵なブログ。 As you wrote, Yokohama should have defeated Vegalta Sendai in their game. Overall, though, Yokohama is playing well this season. If you're interested, I just published a new ebook on amazon.co.jp called "Predicting the Outcome of Japanese J-League Soccer Matches"。 I have been using the methods taught in the book for Toto for several years now.
よろし, David。

この記事へのトラックバック