[サッカー少年]主審!忘れ物です!!

マリノスの試合がナイ週末。。。私の寂しさを唯一まぎらわせてくれるのが、小5の息子のサッカーの試合である。日曜日は公式戦が1試合と来れば、もちろん観戦に行く。同じチームのご父兄に混じってピッチサイドで応援するのである。

フラッグを振ったり、チャントを歌ったり、太鼓を叩いたり、、、というのはもちろんナイが。。。我が子が出ている試合である。マリノスの試合を観るのと違った感情を持って見守っている。

で、今までも何回か書いたことがあるが、少年サッカーの審判についての話題である。審判と言っても、各チームのコーチが持ち回りでする。公式戦でも、たいていそうである。だから、たまにヒドい審判にあたる。

審判もできないくせに偉そうに言える筋合いではないが、私はJリーグの試合を、年間に30試合程度観戦するのいである。ジャッジのことは分かっているつもりである。それになによりも、真剣にサッカーに打ち込む子供たちが可哀想に思ってしまう。

いや、分かっている。ボランティアだということは、、、それでもやる限りは、できうる範囲でキッチリとやってほしいのである。

この日の試合も、主審の判定がブレまくる。笛を吹く基準が、あまりに曖昧。私の観ていたサイドの副審は、オフサイドはおろかスローインの判定まで、自分で下せない。

この日、GKで試合に出た、ウチの息子。ゴール前の混戦の中からコボれたボールをキャッチ。笛が鳴る。バックパスらしい!「?????」ゴール前5mでの間接FK。判定もそうだけど、子供が怪我するよ。。。呆れる。。。

それでも、息子が帰宅してから言った。「お前!何度もジャッジに泣かされているの分かっているだろ!」「あの審判だと、どういう判定をするか理解できてただろ!」「時間もスペースもあったのに、クリアが妥当だし、サイドの選手へのパスもあっただろ!」と、反省を促す言葉を(キツいと思ったが)かけておいた。

それでも、やっぱり、勉強しろ!と思っている。いや勉強してほしい。子供たちも真剣なんだから!!
 [勉強しろ!試合中に息子が言い放った時のBlog]→http://50399072.at.webry.info/201010/article_25.html
画像

まぁ、今回の主審はヒド過ぎた。試合途中、相手チームにイエローカードを提示する場面。ポケットをゴソゴソしている。ナイようだ。忘れたな!!出せなかったイエローカード。。。試合が再開されても、ゴソゴソしている。こんな審判のこと、子供たちは、どう感じるのだろう。。。


[追記]
Jでも少年サッカーでも審判は大事!!と思われる方、このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

やまさん
2011年11月01日 02:13
こんばんは。私は審判はリスペクトされるべきと思っています。マリノスの試合観てて「それはないだろう!」て思わず叫んでしまうことはありますがそれ以上は口にしないようにしてます。あと敗戦を審判のせいにするのも嫌いです。
ただ今回ご紹介された審判はひどいですね。カード忘れるなんてナメてるとしか思えない。私はミスは許します。でも怠慢は許せません。ほんと子供達がかわいそうですよね。。。
2011年11月01日 10:30
やまさん>


いつもコメントありがとうございます。


私も審判批判は本意じゃないし嫌です。Jのサポーターのブログでも判定のせいで負けたというのを見ると気分が悪くなります。


それでも最低限の規律というか、そういうのは持って欲しいものです。


準備ができていないのは、プロであれ子どもであれ、たぶん真剣に試合に臨んでいる選手への最低限の責任を果たしていないと思い、ブログにしました。


まぁ勉強しろ!ということです。


はつ
2012年02月04日 11:35
少年サッカーの審判がひどい、、、確かに息子もサッカーやっていますので、よくわかります。

でも、審判のほとんどは、平日は会社員だったり自営業だったり、フルに働いていて、なおかつ、審判の講習を受け、貴重な休日をつぶして、夏は猛暑、冬は厳寒の中でも、無償でやってくれているのですよ。

子供の試合だって、きちんと準備し、勉強し、ミスのないジャッジを目指すのは当然ですが、あなたの言い方はあんまりだと思います。

うちの主人は、土日が仕事なのでできませんが、まわりの多くのお父さんたちが、「子供のため、チームのため」と、貴重な休日を費やして、審判をやってくれています。頭が下がります。

あなたは、マリノスの試合行ったり、子供の試合行ったり、つまり、土日ほとんど時間があるんですよね。だったら、文句ばかり言ってないで、ご自分も審判の資格を取られて、やったらいかがかと思います。
2012年02月05日 08:20
はつさん>

示唆に富んだコメントありがとうございます。

このコメント自体が少年サッカーの悪い部分を象徴している。息子さんもサッカーをやっているのに、こういう考えを持っている。

息子さんが誤審に泣かされても、へらへらしてるのかね??

私は審判の全体論を書いているのでもなく、こんな準備のできていない審判が、子供たちの真剣さを侮辱している。こんなのは審判の資格以前の問題だと書いてるのだが。。。

子供言えば、ユニフォームを忘れたら試合に出れない。そういうことだよ。このブログの意味は。

そのうえで、民主党なみに論理をすり替えて「お前が審判やれ!」と。。。ホントに示唆に富んでいるね。

この記事へのトラックバック