サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [観戦記]ルヴァンC プレーオフ1st Leg 横浜F・マリノスVSヴィッセル神戸 20180602

<<   作成日時 : 2018/06/03 08:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年ルヴァンカップ プレーオフ・ステージ 1st Leg 横浜F・マリノスVSヴィッセル神戸
ニッパツ三ツ沢球技場 14:03キックオフ
天気:晴れ
観客:8,827人
主審:佐藤隆治
結果:横浜F・マリノス4−2ヴィッセル神戸
マリノス得点者:大津祐樹(今大会1点め)、仲川輝人(今大会1点め)天野純(今大会1点め)、ウーゴ・ヴィエイラ(今大会2点め)
シュート数:横浜F・マリノス(26)、ヴィッセル神戸(16)

この試合、まずは勝つこと、できれば2-3点差をつけ突き放すこと。2戦トータルで次への権利を掴むのだから、申し分のない勝利だったんじゃないかな。試合後のスタンドでマリノスサポーターが示した雰囲気が、この試合結果の意味を語っていたように感じる。

まだ何も決まった訳ではないが、次の試合は状況を判断しつつ、勝ち上がりに向けサッカーをできる。これは大きい。Home & Awayの闘いで、ほとんどの場合、先勝したチームが勝ち上がるのはコレができるからである。
画像

2戦トータルで考えるなら、2点差で後半を迎えることができる。次の試合への期待は高まるばかりである。

試合展開はリーグ戦のV・ファーレン長崎との試合に似たイメージだが、特に後半の試合展開はオープンなものとなり、けっして横浜が意図した展開でなかったと思う。相手に後半だけで12本ものシュートを撃たれたのは、ポステコグルー体制で初めてかもしれないね。

勝てばよかろうも真だが、あんま気持ちいいものじゃないね。攻めのカタチも、たぶんチームが意図したカタチとは違和感があったのだろうが、それに勝る素晴らしいゴール4発だったのだから、ヨシとすべきか。

それにしても暑かった。やばいくらい。それでも横浜のプレイヤーは、試合開始から終了のホイッスルが鳴るまで圧が落ちない。これって、凄いことだ。ある意味で戦術そのものを凌駕するかもしれないし、ここから先のストロングポイントになるんじゃないかな。

とにかく勝ってよかった。次への期待が高まる。横浜に油断は生じないだろう。2nd Legも勝って、次のステージに進みましょう。



〈今シーズン観戦成績〉
【J1】
Home8戦2勝3分3敗
Away 4戦2勝1分1敗
【ルヴァン】
Home4戦3勝1分
Away 1戦1分

今シーズン通算:17戦7勝6分4敗



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[観戦記]ルヴァンC プレーオフ1st Leg 横浜F・マリノスVSヴィッセル神戸 20180602 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる