サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS 完成が近づく 〜出場枠のことも〜

<<   作成日時 : 2018/04/08 07:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今節の試合が近づいてきて、ふと思い出した言葉がある。「外国人頼みのサッカー」ね。2007-09年あたりだったかフロンターレに全く歯が立たなかった。相手には強烈な外国人アタッカーがいて、横浜は、ほとんどが日本人で試合を闘っていた。

あの頃、外国人に頼るサッカーに憧れていた。横浜にも強烈な個性を持つ外国人プレイヤーが3-4人いればなぁと。実際そうであれば、ここまでリーグチャンピオンから離れていなかったかもしれない。

時を経て、いま。

ミロシュ デゲネク(オーストラリア代表)
ダビド バブンスキー(マケドニア代表)
ユン イルロク(韓国代表)
オリヴィエ ブマル(カメルーン代表)
ウーゴ ヴィエイラ
画像

昨シーズンから所属している3人。ウーゴの得点能力は研ぎ澄まされてきた。ミロシュは守備で勝負でき安定感が増してきた。ダビドの変態トラップとターンに何度もチビらされた。

今シーズン加入のイルロクとオリヴァがハマり始めれば、チームの成績は更に上昇していくのは間違いないだろう。それは間もなくのことであると信じたい。

そうなると、悩みは1つだな。出場できる外国人プレイヤーは4人に限られる。まぁ常に3-4人も外国人プレイヤーが出ていること自体、マリノスではほとんどなかったからね。

彼らが出場枠を争う。もちろん日本人プレイヤーも含めて、正当なベンチ入り競争とレギュラー争いが、いまの横浜ではバチバチと繰り広げられているはず。

今日、勝って感じたい。チームは完成に近づきつつあることを。勝ちましょう。



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

完成が近づく 〜出場枠のことも〜 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる