サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [プレビュー]第97回天皇杯決勝 横浜F・マリノスVSセレッソ大阪

<<   作成日時 : 2017/12/31 07:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

第97回天皇杯決勝 横浜F・マリノスVSセレッソ大阪
2018年1月1日 埼玉スタジアム2002
14:40キックオフ
予想天気:晴れ
マリノスから見た過去対戦成績:19勝8分13敗(リーグ戦)
昨シーズン対戦成績:対戦なし
前回対戦:2017年J1第32節 1−4(日産スタジアム)


[予想希望布陣:4-2-3-1]
___伊藤___
山中_バブンスキー_マルティノス
__中町__天野_
下平_ジョンス_中澤_松原
____飯倉___

まずは、ここまで連れてきてくれたチームに感謝したい。今シーズン最後の試合、そして2018年最初の試合を私たちは観戦することができる。リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯と闘い、この決勝戦が今シーズン公式戦46試合目。完全に満足かといえば否≠ナはあろうが、この試合を闘えるのは、まさに幸せ≠ナある。

6/21 2回戦 3−1 FC大阪
7/12 3回戦 4−2 アスルクラロ沼津
9/20 4回戦 3−2 サンフレッチェ広島
10/25 準々決勝 1−0 ジュビロ磐田
12/23 準決勝 2−1柏レイソル
画像

苦しみながら、ここまでやってきた過程は第93回大会に似ているような気もする。苦しみつつ、徐々に希望の光が強烈になってきて、その明るさは、元日の国立競技場での素晴らしい勝利に繋がった。

その時は中2日で試合があったので、ココロが高ぶっていく楽しさを味わえなかったが、今大会はじゅうぶんに楽しむことができた。チームもサポーターも解き放たれる時を待つ。そんな心境だろうか。

ただ、100%の自信があるかといえば、そうではない。そんな試合は、まずナイし、しかも今回は決勝の舞台である。強度がキツくて当たり前の試合を、チームと闘う。そして手に入れる。そうなればね。
画像

ここまでの過程、チームとサポーターのストーリー、心身のコンディション、運をも呼び寄せる必死さ、様々な要素で勝敗が決まる決勝の舞台に立ち会える。横浜が好きでよかったわ。

4年ぶりのカップを掴み獲る。



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[プレビュー]第97回天皇杯決勝 横浜F・マリノスVSセレッソ大阪 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる