サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS 圧倒的ポジティブ論 〜チームは変わった〜

<<   作成日時 : 2017/09/02 07:37   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

チームが結果と内容を積み重ね、それが勝ち点や順位に反映される。あるいは、逆に、そうは行かずに残留争いに巻き込まれる。複合的な要因があるに違いない。

一般的には、戦術とその発揮度、プレイヤーの構成、心身のコンディションみたいのが内容に反映され、結果に繋がるのだろうか。ちょい抽象的すぎるかな。

今のマリノス、間違いなく充実している。それが結果に現れているわな。リーグチャンピオン争いの、いったんの目安となる残り10試合で5位以上&首位との勝ち点差1桁以内(過去のリーグ戦が証明している)の条件を十分に満たしている。
画像

では、昨シーズンまでと何が変わったか。リーグ戦の主力として出場するプレイヤーに大きな変化がある。昨シーズンの主力で今も(いわゆる)レギュラーを張れているのは、学、マルティノス、喜田、中澤さんの4人だろうか。

ウーゴ、扇原、山中、松原、ミロシュは移籍組だが、彼らも出場を約束されたクチではない。自らの実力と努力で掴みとって今がある。そして、なお安泰ではないと。あまじゅんと飯倉は移籍によりポジションを獲たのかもしれないが、その実力を十分に発揮しないと、いつ取って変わられても不思議はない。

そういう意味では、もしかすると、正当な競争があり、いつレギュラー陣を構成するメンバーに変化があっても不思議でない状況がチームを強くしているのかもしれない。(言葉ほどネガティブな意味でないが)緊張と恐怖がチームを押し上げているのかな。

コンディションが戻りつつある下平、伊藤翔、中町、勇蔵といった実績と実力があるメンバー、開幕初戦と第2節でチビるようなゴールを決めた代表プレイヤーのバブンスキー、こういったメンバーがなかなか試合に絡めて来ないのだから、プロの世界は厳しい。

ただ、それがあるから今があり、この先の希望が増して来ている。この先、ケガやコンディション不良もあるかもしれない。そうなってもフォローが効くくらいのメンバー構成と実力になって来ているに違いない。これまでのマリノスといえば、誰かが出られないと、そのチカラも削ぎ落ちていたことを考えると、隔世の感を抱くわ。

まずは今シーズンでのリーグチャンピオン奪還を望む。その先、2-3年以内に3冠を獲れるチームになるような気がする。いつの間にか、横浜の充実ぶりが半端ないことになっている、と信じたい。



[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

圧倒的ポジティブ論 〜チームは変わった〜 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる