サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS 学の去就について

<<   作成日時 : 2017/01/19 07:43   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年を闘うマリノスのメンバーが、ほぼ固まってきた。2016年シーズンにレンタルされていたメンバーを除き、現時点で移籍が6人、レンタルが4人。加入やレンタルバックが9人。人数バランスという意味では悪くないのだろう。

出ていったメンバーには、名前でメシを食える特別な存在も何人かいるが、それを補完する新たなトリコロールの戦士も加入してきたし、2016年シーズン、幸か不幸か、ケガによる離脱により出場機会を得た若いメンバーが、相当にチカラをつけてきた。

(現時点:26人)
GK.4人:飯倉、鈴木(☆)、杉本(☆)、原田(○)
DF.9人:佑二、勇蔵、ジョンス、新井、下平、金井、高野(○)、山中(☆)、松原(☆)
MF.9人:中町、喜田、天純、前田、渓太、賢星、扇原(☆)、吉尾(○)、マルティノス
FW.4人:伊藤、敬真、ウーゴ(☆)、仲川(★)

※ (☆)移籍加入、(★)レンタルバック、(○)新卒加入

学の去就が未定なところは痛いが、残るのであれば、2016年シーズン後半のサッカーをベースにできるだろうし、さらにブラシアップできるだけのメンバーが補強できている。学が居なくなることも想定した動きは間違いなくしているはずである。

空いている外国人枠(登録5、出場4)をソコに使うか、この先の保険に使うかは、状況しだいだろうが、間違いなく動いている(はず)。学が、春に動くのか、夏に動くのか、あるいは、この先もマリノスにいるのか、、、

ここまで去就が明らかにならないということは、自ら外国での道を選び勝負したい気持ちと、マリノスを自らのチカラで強くしたいという気持ちに揺れ動いているのかもしれない。

2008年だったか、高校生の時から試合に出始めた。背番号37だったかな。以前からのマリノスサポーターにとっては、可愛い息子や弟のように見えるかも、、、

マリノスに残って結果と実力を積み上げるのも道だし、海外で勝負するのも道である。自分で選択権を行使できるプレイヤーになったんだもんね。

私の希望? もちろん「マリノスで闘え」である。




[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

学の去就について サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる