サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [プレビュー] 第96回天皇杯3回戦 横浜F・マリノスVS東京ヴェルディ

<<   作成日時 : 2016/09/21 07:32   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

第96回天皇杯3回戦 横浜F・マリノスVS東京ヴェルディ
2016年9月22日 高知県立春野総合運動公園陸上競技場
16:00キックオフ
予想天気:曇り
前回対戦:2008年J1第33節 2−0(日産スタジアム)


[予想希望布陣:4-2-3-1]
____伊藤___
学__カイケ__前田
__兵藤__ジョンス_
金井_勇蔵_新井_小林
____飯倉___

2008年Home最終戦以来、公式戦としては8年ぶりのヴェルディとの闘い。寂しいわな。一時期、日本のサッカーを牽引してきた2チームの試合が稀にしか行われない。天皇杯という偶然の組み合わせで「たまたま」対戦する。

一方は2部暮らしが定着し、一方はタイトルから離れる時間が長い。

私ごと、実は人生初めて観戦したプロ(らしい)サッカーがJ開幕前年の松下電器産業VS読売ヴェルディ@長居である。

あの時に見た魅力的なヴェルディのサッカーにハマっていれば、今の私はなかったかもしれない。幸か不幸か、私が好きになり愛するチームは「横浜F・マリノス」である。

さて、試合。行けないなぁ。行きたいけど行けない。さらには、年に1度あるかどうかのテレビ中継なし。悶々として時間を過ごし、悶々として結果を待つしかない。

ギリギリの闘いになるかもしれない。天皇杯というレギュレーション、シンプルに、その試合に勝ったチームのみが生き残る。勝利のみが先に繋げる唯一の手段。大勝、辛勝、延長勝ち、PK勝ち、何でもいいのである。

マリノスの天皇杯をもっと見たい。ここ勝たなければ、今シーズンは11月3日で終了してしまう。勝てば次の天皇杯は11月9日or12日。もちろん狙うは元日の吹田スタジアム。ここで負ける訳にはいかんな。

3つのタイトル全てを目指せる位置にいることが、チーム・サポーターのモチベーションの1つになっているかもしれないね。

居残り組には辛いかもしれないが、現地まで行ってくれる仲間がいる。チームも勝利をつかもうと闘ってくれる。

3大会ぶりの天皇杯戴冠まで5試合。先に進んでくれ!


[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[プレビュー] 第96回天皇杯3回戦 横浜F・マリノスVS東京ヴェルディ サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる