サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [観戦記] J1 2nd Stage 第5節 横浜F・マリノスVSジュビロ磐田 20160723

<<   作成日時 : 2016/07/24 08:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016年J1 2nd Stage 第5節 横浜F・マリノスVSジュビロ磐田
日産スタジアム 19:03キックオフ
天気:曇り
観客:23,028人
主審:高山啓義
結果:横浜F・マリノス1−1ジュビロ磐田
シュート数:横浜F・マリノス(15)、ジュビロ磐田(16)

引き分けの評価は、試合終了後のスタンドの空気が決めると思っている。微妙な空気に包まれたマリノス側ゴール裏と、勝ったかのような相手のゴール裏。得たものは、互いに勝ち点1とイーブンだが、勝つべき試合を落としたと考える人が多かったのだろう。うん、そうだわな。

押しに押しまくった前半45分。完璧な崩しからのカイケの完璧なゴール。結果的には、遠かった次の1点を悔やむべきか、失った1点を悔やむべきか。

結果から内容を見る人にとっては、文句が出る試合だったかもしれないが、展開したサッカーは悪くなかった。前半45分と試合終了までの残り15分くらいは、まさに強いチームのそれだったし、まだまだ、上位で闘えるチームであるに違いない。

ただ、内容が結果に直結しない。惜しいが惜しいままに終わるチームであるのなら、タイトルを目指す権利を得ることは難しいだろう。だから、モヤモヤの残る引き分けだったと考えるしかない。

愚直に攻めを繰り返す、必死で守りにもチカラを使う。そして、勝ち点を積み上げる。積み上げる勝ち点は3がいい。当たり前か。

出た結果は何があっても覆せない。この試合が勝ち点2を失ったのであれば、この先の結果で取り戻すしかない。

3連勝からの2引き分け。負けてはない!と前を向き続けられるか否かは、次の試合、そして、その先でしかない。

マリノスが好きだー


[今シーズン観戦成績]
【J1】
Home 12戦4勝3分5敗
Away 6戦3勝1分2敗

【ナビスコ】
Home 3戦2勝1敗
Away 1戦1分

今シーズン通算:22戦9勝5分8敗


[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ゴール前で何故か相手GKより硬くなってキックミスやヘディングミスを繰り返す、前3人。シュートが枠に行かないのですから困ったものです。
 でも、今のマリノスには彼らしかいないのです。彼らを超える選手がいないのです。頑張ってくれ!としか言えません。

 私が一番残念に思ったのは、ゲーム終了直前に学がラストプレイにも拘らず、無理にでもシュートを選択しなかった(?)出来なかった(?)ことです。消極的な何の意図も感じられないパスを選択し終了の笛を聴いたことです。俊輔がそうであるように、学にはマリノスの勝敗を全部背負うべき存在、買ったときに褒められるだけじゃなく負けたときにチーを代表して叩かれる存在になって欲しいのです。
 
 2連続引き分け、ここから失速してしまうのか、意地をみせて欲しいです。1stステージを失敗したマリノスは”勝つ”しかないのです。
えるねすと
2016/07/24 11:21
えるねすとさん

コメントありがとうございます。

結果的には残念な試合となりました。勝てたし勝つべき試合だったことは間違いありません。

怒涛の攻めでの、一瞬の判断やプレイの選択。こういうものが結果を左右するし、タイトルを獲れるか否かを分けるような気もします。

それほどギリギリの状況で勝負しているでしょう。

あと1歩が何か、早く見つけないとシーズン終わってしまいます。

SYMT
2016/07/26 07:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[観戦記] J1 2nd Stage 第5節 横浜F・マリノスVSジュビロ磐田 20160723 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる