サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス

アクセスカウンタ

zoom RSS [観戦記]J1 2nd Stage 第11節 横浜F・マリノス VS FC東京 20150919

<<   作成日時 : 2015/09/20 07:57   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2015年J1 2nd Stage 第11節 横浜F・マリノス VS FC東京
日産スタジアム 19:04キックオフ
天気:晴れ
観客:30,999人
主審:木村 博之
結果:横浜F・マリノス 1−0 FC東京
シュート数:横浜F・マリノス(13)、FC東京(3)

いやぁ厳しい試合だったわ。よく言えば引き締まった好ゲーム、悪く言えば探り探りの塩試合なんだろうか。試合を支配したのはマリノスだったとは思うが、決めきれない感も匂っていた。
画像

引き分けを意識し始めた時間帯に来たゴール。こういう展開で来るゴールは、心に突き刺さる。たぶん両手を挙げ何を言っているか分からない声で叫んでいただろう。
画像

こういう試合もマリノスらしいのだろう。結果も大好物の1−0だったしね。

これで何とか権利を残したんじゃないかな。いずれにしても勝ちまくるしかない。最後まで行くぞ!


[今シーズン観戦成績]
【J1】
Home 15戦7勝3分5負
Away 7戦4勝2分1負
【ナビスコ】
Home 3戦1勝2負
【天皇杯】
Home 1戦1中止

今シーズン通算:26戦12勝5分8負1中止


[追記]
このブログを応援してくれる方、ブログの内容が「なるほど」と思われた方は↓のバナーをクリックいただけると嬉しいです!!
ランキングが上がると調子に乗ってブログを書く仕掛けになっています。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 お互いに相手の隙を狙う、一方で大きなミスは絶対しないって決めていたかのようなゲームでしたね。でもかえって、大きなミスはなくても小さなミスは普段より多かった気がしました。

 珍しくミスの多かった俊輔(俊輔だからこそミスが目立ってしまうレベルのミス)が最後に見せたのは、結局キックの精度の高さです。現日本代表やそれに準ずる選手は多くいた中、一流のサッカー選手に最も必要なのは、”思うように正確にボールを蹴る技術さ”って俊輔は示したゲームでもあったように思います。基本技術の大切さを語られていたデットマール・クラマーさんが亡くなられて最初のJのゲームで、改めて思いました。

 もう一つ、初めて見ましたが富樫はマリノスではここ数年いなかったまさ得点出来る、FWらしいFWですね。日本サッカーに何故”カマモト”が出てこないのか、と言われたクラマーさんからのプレゼントといったら考えすぎでしょうか。
えるねすと
2015/09/20 09:32
えるねすとさん

コメントありがとうございます。

まさに心震える試合になりました。苦しんで苦しんで最後に仕留める。だからこそ歓喜があったと。

確かに、致命的なミスはなかったですが、小さなミスが散見されました。試合のレベルが高かったからこそでしょうか。

最後に違いを見せた俊輔はさすがに俊輔でした。冨樫も期待感満載のプレイヤーですね。ただ途中出場の1試合のみ。手放しに喜べるかは、もう少し見てみたいと感じてます。

最高のFWに育って欲しいと強く期待します。



SYMT
2015/09/21 08:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

MY favorite

[観戦記]J1 2nd Stage 第11節 横浜F・マリノス VS FC東京 20150919 サラリーマンの昼飯・居酒屋・出張記とマリノス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる